Apeの意味とは?50と100の違いやバイク免許はどうなる?燃費や値段も

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

Apeってバイクご存知ですか?
ホンダが発売しているバイクなんですが、50㏄のバイクもあるので高校生なんかも改造したりしてよく乗ってます。
僕の仕事の人なんかも原付の免許しか持っていないので、バイクの話になると「エイプ欲しい~」ってよく言ってます。
今回はそんなApeについてご紹介したいと思います。

Apeの意味とは?

もともとエイプ(ape)という英語の単語がありその意味は尾のない人類猿の事のようです。
尾のない人類猿とはゴリラ、チンパンジー、オラウータンなどがあげられます。
それに対しモンキー(monkey)は尾のある猿の事を言いますが、日本ではどちらも猿と言い表します。
日本にはもともとニホンザルしかいなかったので分ける必要はないですよね。

バイクのApeがこの意味から来たかどうかはわかりませんが、モンキーってバイクもあるのでもしかしたら意識してるのかも。

Apeの50と100の違いは?免許はどうなる?

Ape50

Ape50

Ape50 2

Ape100

Ape 100

50と100の大きな違いは排気量が違います。
50㏄か100㏄かってことですね。
その他にもシリンダーヘッドの位置やスイングアームの太さなど細かい所はありますが、ほとんどかわりません。

当たり前ですが50㏄のApeならば原付の免許で乗ることができますが100㏄の場合は原付免許では乗れません。
100㏄が乗りたければ「小型限定普通二輪免許」を取得しなければなりません。
取得方法は2種類あり教習所に通ってとる方法とそのまま試験場に行き取得する方法です。
免許
時間とお金をかけたくない方はそのまま試験場に行けばいいですが、試験場では実技試験もあります。
教習所に通えば実技試験は免除されるものの時間とお金がかかります。

自分に合った方法で取得してください。
どうせなら125㏄までしか乗れない免許ではなく、400㏄以下まで乗れる普通二輪免許をお勧めします!
年齢制限も16歳からと同じですし、100㏄乗ってたら絶対250㏄や400㏄も乗りたくなるはず。

スポンサーリンク

Apeの燃費

Ape 6

Ape
Ape 7
メーカー:ホンダ
排気量:50㏄・100㏄
2001年にホンダネイキッドプロジェクト第1弾としてApe50が発売。
その翌年2002年にはApe100も発売開始。
スタイルはトラッカーともネイキッドとも取れる独特さがあります。
※100㏄は2016年に生産終了しました。

燃費は普通で約45km/Lくらいは走るようです。
ちなみにカタログ燃費は90km/L。
走り方や路面の状況、坂道などもかなり関係してくるので参考程度に考えてください。

車ではMT車の方が燃費がいいのですがバイクは車とは違いATのバイクの方が燃費がいいこともあるようです。
当たり前ですがMTのバイクの場合乗り手によって燃費も変わってきます。
ATのバイクでは70%で常に走っているのに対し、MTのバイクでは運転技術によって0~100%という幅があり、燃費のいい走り方を意識すれば燃費はかなりよくなるはず。
そこもMTの面白い所ですよね。

Apeの値段

Ape 8
気になる値段ですが結構高いです。

  • Ape50・・・約¥270,000
  • Ape100・・・約¥320,000

僕の中古のホーネット30万で買えたような・・・。
これは新車の値段ですが、中古ならもっと安いですし店舗によってこの値段より安い所もあるはずです。
Apeを買おうと検討している方はいろんな店舗を回って値段を見てみるのもいいと思います。
学生の方でしたら大きな買い物になるので後悔だけはしないようにしてください!

僕はApe乗ったこともないし改造したこともないですが、バイク好きの方なら結構乗っているようですね。
250㏄やもっと大きいバイクに比べると改造もしやすいし、触りやすいバイクのひとつだと言えます。
ぜひ乗ってみてください。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。