チョイノリの意味は?スズキの安いバイク?ピカチュウや摩改造版も紹介

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

チョイノリってバイクご存知ですか?
スズキが生産販売していた原付バイクなんですが、現在はもう生産終了してしまっているようです。
チョイノリと言う名前なだけあってちょっと乗りたいなってときによさそうなバイクです。

外観もかわいい感じでいろんな色も出ており、ピカチュウのチョイノリなんかもあり見た目も楽しめます。

チョイノリの意味は?

意味はわざわざ言わなくてもわかりますね。
ちなみにこのチョイノリのコンセプトは「ちょい乗り」。
そのままですが、通学通勤の交通手段として目的を近距離の移動だけに絞り軽量簡素化しています。
国内生産でどこまで安くできるかを課題としていたようです。
チョイノリ 5
写真見てもらったら分かると思いますが、必要なものだけ付けたバイクです。

スペック見ていて乾燥重量が39㎏ってめっちゃ軽い。
チョイノリ 7
モンキーの記事モンキーの重量や燃費は?エンジンの載せ換えで最高速は?年式もまとめで一番軽いバイクって紹介しましたが、間違いです。
チョイノリが一番軽いです。
モンキーが約68㎏なのでモンキーの約1/2です。

※乾燥重量とは
Dry weightといい燃料やオイル、冷却水などを含まない車両自体の自重の事をさします。

スポンサーリンク

チョイノリは安い?

ここで少しスペックを紹介します。

チョイノリ
製造期間:2003年~2007年
タイプ:スクーター
メーカー:スズキ
燃費:76km/L

燃費はモンキーに比べると劣ります。
(モンキーは100km/L)
遠出用のバイクじゃないので仕方ない部分もあると思います。
ちょっとした買い物などの際は楽だと思います。
チョイノリ 4

気になる値段なんですが、スズキのメーカー小売価格は69,800円
スクーターを新車で買おうとすると10万近くいるので確かに安いですね。

値段は満足なんですが、少し問題点もあるようです。

  • 平坦な道でも40km程度しか出ない
  • 馬力が無い為急な上り坂は厳しい

バイク好きな方はあまり魅力を感じないバイクですね。
40kmしか出ないというのは危ない場面もあるかもしれないです。
馬力に関してはどうしようもないですね。
スペックをそのまま載せると、最高出力1.5kw/5500rpm・最大トルク0.3㎏-m/3500rpm
これだけではあまりパッとしないので、ヤマハのジョグと比べてみましょう。
このバイクよく見ると思います。
ジョグ
ジョグの最高出力3.3kw/8000rpm・最大トルク0.43㎏-m/6500rpmです。
最高出力に関しては約1/2です。
こんな馬力では坂道は厳しいのがわかりますよね。

豆知識としては
普通のバイクのエンジンはOHC(オーバーヘッドカムシャフト)ですが、チョイノリはOHV(オーバーヘッドバルブ)のエンジンを使ってます。
OHVとは芝刈り機小型発電機などに使われている低コストなエンジンです。

低価格で販売できる理由もわかります。
スズキの開発担当も悩んだ末のエンジンなのでしょう。

チョイノリのピカチュウ版など紹介

ピカチュウのチョイノリがあるみたいなので調べてみました。
チョイノリ 1

これは間違いなくピカチュウですね。
遊園地とかにありそう。

もう一つ紹介します。
摩改造したチョイノリです。
チョイノリ 2

チョイノリ 3

別のバイクみたいですね。
おもちゃみたいなバイクですごく遊べそうではあります。
発売当初は売れ行きも良かったようですが、目新しさもなくなり急激に人気が落ちてきて現在は生産終了になってしまいました。
新車は約7万ですが中古車ならかなり安いので近場用で使いたい方などにはおすすめですよ。
色の種類も豊富で面白いバイクです。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。