GSR400のエンジンや燃費は?前期・後期の違いや峠での加速など!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

GSRってバイクご存知でしょうか?
バイク好きの方なら知っている方は多いと思います。
スズキの発売したネイキッドスポーツバイクです。
僕の友達も250㏄ですがGSR乗っていて一度乗らせてもらったのですが、
ホーネットより車高も高くスポーツバイクみたいでした。
スポーツバイクって他のバイクよりも前傾姿勢で走る姿かっこいいですよね!

GSR400のエンジンは?燃費も

2005年の5月に発売され、ハイパワーエンジンを搭載しています。
フォルムもネイキッドでは「鉄フレーム+2本サス」が今まで主流でしたが
GSR400はアルミツインスーパーフレーム採用しており
今までにないネイキッドになっているようです。
GSR400 2

エンジンはGSX-R600がベースの
水冷4気筒スポーツエンジンを使用しています。
このエンジンはトップクラスの高出力を誇り、
とにか高回転高出力に重点を置いたエンジンの為、
高い回転域を使うことで良さが引き立ちます。
加速も良く、一定の回転数を超えると一気に加速し
エンジンの力強さを感じることができます。
しかし、低・中速でも十分な安定感があり
初心者の方も乗りやすいバイクになっています。

他の装備もスポーツバイク
のような部品を使っており
ネイキッドスポーツバイクとはいえ
作りはスーパースポーツバイクの作りなので
サーキットも走れてしまいます
ネイキッドでサーキット走れるってすごいですね。
燃費は乗り方にもよりますがだいたい24km/Lです。
GSR400 5

スポンサーリンク

GSR400の前期と後期の違いは?

排出ガス規制をご存知でしょうか?
今まで二輪車には規制がなかったようですが
2008年から2輪車にも適用されるようになりました。
排出ガス規制

この規制にGSR400は適していなかった為
規制に適したGSR400を再度2009年に作り直しています。
規制前に販売していたGSR400を前期
規制後に販売したGSR400が後期となりました。

前期のGSR400は53馬力に対し
後期のGSR400は61馬力
さらに力強くなって戻ってきました!
もともとパワーのあるバイクなのに
自主規制を突破した61馬力と
さらにパワーアップさせるスズキってすごすぎます。
しかし単価がさらにあがり
前期のバイクで約83万だったものを
後期では約86万に値上げして販売しました。
同時期に発売したホンダのCB400の方が売り上げは良かったようです。
しかし値段が高くなっても
パワーのあるバイクを作ったことに尊敬です。
それだけ本気ってことですよね!
GSR400 3

GSR400の峠での加速は?

直線を思いっきり走るのもいいですが
峠をグネグネと上手に走ると気持ちいいですよね。
GSR400で峠を走った場合
加速はかなり良くスピードを上げたいところで
うまく加速できる
ためストレスを
あまり感じることなく乗ることができ
またエンジン以上にブレーキもかなり優秀で
エンジンブレーキがとてもスムーズに効いて
うまく減速することができます。

しかしタイヤが太く、フレームも硬いので
倒すのが大変という方もいるようです。
逆に言うとそれだけ安定性が高いバイクでもあります。
GSR峠

GSR400今までのネイキッドの型からかなり外れた
バイクで乗った際も癖があるようですが
慣れてしまえばかなり充実感がありそうです!
僕も友達のGSR乗ったときはホーネットと
同じ250㏄ですが、かなり乗りづらく感じました。
GSR乗っている友達もホーネットを乗ってみて
「感覚が全然違う」と言っていました。
どんなバイクも乗りなれた愛車が一番いいんだと思います。

バイクって言ってみればただの機械ですが
ずっと乗っていると愛着が湧くものですね。
これからバイクを買おうと思っている方は
自分に合ったお気に入りのバイクを探してみてください。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。