CB1300SBのデメリットは重さ?加速した時の最高速やUSB電源・足つき改善方法も

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

CBといえばホンダの有名なバイクですよね。
CB400スーパーフォアなんかは知っている方も多いのではないでしょうか?
これぞネイキッドって感じでとても乗りやすいバイクです。
初心者の方などはスポーツバイクももちろんいいですが、ネイキッドも乗りやすくておすすめです!
そういう僕もホーネット乗ってるのでネイキッドの魅力はよくわかります。
今回はCB1300SBのバイクについて調べてみました。
1300㏄ってかなり大きいですが実際どうなんでしょうか?

CB1300SBのデメリットは重さが原因?

SBとはスーパボルドールの略です。
ボルドールとは金杯という意味で24時間耐久レースにも使われている言葉のようです。

デメリットは重さと書きましたが実際何キロくらいあるのでしょうか?

CB1300SBのスペック

CB1300SB 1
スペックはこんな感じです。
1300㏄のバイクとしては標準ですが、260㎏は重たいですね。
僕の乗っているホーネットは約170㎏くらいなので、だいたい100㎏重いことになります。
普通の男性でも結構きついと思うので、年配の方や女性の方には少し取り回しが難しいのではないかと思います。
倒れたら一人では持ち上げられないほどの大きさです。
でもこんな大きなバイクでツーリングしたらきっと楽しいと思います。

スポンサーリンク

CB1300SBの加速は?

加速はトルクがありいい加速をします。
最高速は約220kmです。
やはり重いのもありハヤブサなどのバイクにはかなわないようです。
しかし取り回しがすごく楽で乗り心地は抜群です。
さすがホンダのバイクだと思います。
細かいところもきっちり作っており、ハンドリングにあまり癖を感じないメーカーのひとつではないでしょうか?
CB1300SB 6
同じメーカーのCB1300SFに比べ横幅がある為足つきは少し悪くなっているのですが、気を付ければそんなん問題はないと思います。
大きいバイクで九州1週とかしたら楽しいだろうな~。

CB1300SBのusb電源取り付け

バイクにナビを付けてる方はいいのですが、無い人は見知らぬ土地を走るとき結構困ったりしますよね。
昔は地図見て走ったりしていたのでしょうが、今はスマートフォンで現在位置も分かるし、目的地も入力すれば見つけて道案内までしてくれます。
ホント便利な時代に生まれてよかったです。
車だったら信号待ちとかでちょくちょく見ながら運転できますが、バイクの場合ポケットに入れて出して見て、信号青になればまた入れて・・・・。
なんてことを繰り返さなければならなくなります。
しかももし手を滑らせたら落として画面割れるかもしれないので、かなり怖いですよね。
僕も経験しました。
信号変わったからあわててポケットに入れようとしたんですが入らず、地面に落ちて運よくカバーが割れただけで済んだので良かったですが。
そんな事態にならない為に、スマートフォンを置く専用のホルダーを取り付けましょう。
自分で簡単にできるのでぜひやってみてください!

CB1300SB 2

CB1300SB 3

こういったものを用意して取り付けるだけです。
バイクスマホ
これで充電しながらバイクに乗れます!
ナビしてくれてるときに充電切れる心配もなく運転に専念できます。
遠出する際はかなり利用する機会があると思います。
僕みたいな方向音痴には必需品ですね。

CB1300SBの足つき改善方法

やはり気になる足つきなのですが、さっきも書きましたがCB1300SFに比べると横幅が広いため少し足つきは悪くなります。
しかし工夫して改善することはできるので少し紹介したいと思います。

  1. アンコ抜き
  2. CB1300SB 4
    この写真は実際にアンコ抜きしてもらったCB1300SBの画像なんですが、パッと見分からないですよね。
    でもこれをするだけで20-30cmくらいは高さが低くなります。
    ノーマルだとつま先しか着いてない方でも、これで少しは余裕ができるのではないでしょうか?

  3. ハンドル調節
  4. CB1300SB 5
    これでだいたい10mmくらい手前の位置に移動させてあります。
    手の位置を手前にすることにより踏ん張りが効きやすくなり、より安心して乗ることができます。

この二つをするだけでもかなり違ってくるので、もし足つきが悪いと感じている方がいればぜひ試してみてください。
長距離も走るバイクだからこそ自分に合ったバイクにするべきだと思います。
乗りやすければ事故も減り、ツーリングもより楽しくなるはずです!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。