麦チョコの歴史!ヨーグルトとのアレンジでおいしい?食べ比べの結果も

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

価格もそんな高くなくどこでも売っていて麦チョコおいしいですよね。
僕も大好きなおやつです。
歴史などについて調べてみました。

麦チョコの歴史

麦チョコを開発したのは兵庫県尼崎市のチョコレート専業メーカー・高岡食品工業です。
作ろうと考え始めたのは、昭和40年代半ばで、熱くなるとすぐ溶けてしまうチョコレート。
どうにかして溶けないチョコレート菓子を作れないかと考え始めたのが麦チョコのはじまりです。
その当時はチョコレートも高価な食べ物だったようで、もっと手軽に食べられるようにという思いもあったようです。
夏場にチョコレートって持ち歩きたくないですよね。
食べようとしたときに溶けてドロドロになってしまって食べる気失せることもよくあります。
きっと開発した人もこういう経験たくさんしたんだと思います。

完成に至ったのは1972年(昭和47年)になります。
麦チョコ2
当時の方のみんなに手軽におやつを食べてほしいという気持ちが、今の麦チョコを生み出したんですね!
調べてみると高岡食品工業よりさきにレーマンという会社が麦チョコを販売しています。
レーマンが販売開始したのは1961年(昭和36年)の年です。
どちらの会社も手軽にチョコレートを食べてほしいという気持ちは同じだったんでしょう。

麦チョコとヨーグルトが合う?

もちろん人により好き嫌いはありますが、麦チョコとヨーグルトを合わせるとおいしいようです。
ヨーグルトにサクサクとした麦チョコ、食感もいいしすっぱいヨーグルトに甘い麦チョコがいい感じに合っています。
ヨーグルトもいろんな種類があるので、自分の気に入った味を見つけてみてはどうでしょうか?
値段も200円もあれば作れると思うので、ちょっとしたおやつにいいと思います。
麦チョコ4

スポンサーリンク

麦チョコを食べ比べ!

今やコンビニでも普通に売られている麦チョコですが、どこが一番おいしいのでしょうか?

  • レーマン
  • 高岡食品
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • 生協
  • トップバリュ

などなど・・・。
製造している会社はたくさんありますね。
麦チョコ5
そのなかでどこが一番おいしいのでしょうか?
サクサク感ではレーマンや高岡食品の麦チョコがおいしいです。
生協の麦チョコはチョコレートの味がしっかりしていて、結構おいしいようです。

結果的にはどこが一番おいしいとランキングをつけるのは難しいと思います。
でもやはり、元祖であるレーマンや高岡食品の麦チョコは食べてみるべきではないでしょうか。
この2社をおいて麦チョコを語れないですよね。

ぜひ食べてみてください!
ただし食べすぎには注意しましょう。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。