ちわわの手作り服が今人気!馬服でスムースコートも笑顔で大喜び

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

最近ちわわに洋服を着せる飼い主さんが増加中です。
世界最小犬のちわわは洋服がとてもよく似合うので、
うちの子にも洋服を着せてみたいと思っている飼い主は多いのではないでしょうか?
ちわわ愛好家にとっては洋服を着せて写真を撮る、一緒にカフェで食事をするといった
素敵なチワワライフを堪能するうえでも、服を着せるのはおススメです。
(ただし犬にストレスがかからないことが大前提ですが)

ちわわに洋服を着せると喜ぶ理由

実はちわわという犬種は暑さにも寒さにも弱い生き物であり
暑さや寒さで体調を崩さないようにする為にも服は必要です。

夏は紫外線や地面からの照り返し、冬は寒気から守るため服を着せたほうが良いと言われています。
またフィラリアという蚊が媒介となりかかる病気もあります。
フィラリアの対策としても有効なのでぜひ夏も服を着せて散歩に行きましょう!
特に注意が必要なのが夏場アスファルトからの照り返しです。
同じ地面に立っていても大人の高さと犬の高さとでは4度以上の差が出る場合もあり
それに加えて全身に毛が生えているため飼い主の想像以上に犬は暑く感じています。

周囲へのマナーとして洋服を着せる理由の1つに抜け毛などの飛び散り防止があげられます。
いろんな場所へ愛犬と一緒に出掛けられるようになった今、ドッグカフェや病院に行く際はぜひ着用したいですね。
ちわわ

スポンサーリンク

スムースコートのサイズは?

ちわわはもともと小さい犬種であることは皆さんご存じだとは思います。
スムースコートなどのさらに小さい犬種や子犬用のサイズもあり、種類もさまざまです。
犬のサイズはどこで判断するかというと、主にサイズを図るときは
首回り、胴回り、着丈、前着丈をはかります。
また既製品を販売しているところでは、puppy(パピー)サイズもあり、
パピーとは子犬という意味で子犬などにはこのサイズがいいのかもしれません。
愛犬の体の大きさをしっかり把握して、その子にぴったりの服を着せてあげると犬もきっと喜んでくれるでしょう!
ちわわ2

洋服といってもいろんな種類があり、
パーカーやダウンベスト、フード付のパーカー、
タンクトップ、ワンピース、コスチュームなどなど数えきれないほど種類があります。
また、馬着(ばちゃく)といって主に防寒の目的で馬に着用させる服があるのですが、
この馬着の形状は胴体部分をすっぽり包むような簡単な形状をしており、
胸部の前と胴体の下を固定する簡単な作りです。
この形状なら簡単に手作りできそうですね。
自分で作ったお気に入りの一着を愛犬に着せて散歩するのもきっと楽しいと思います。

忘れてはいけないのはいくら飼い主がかわいいからといって
嫌がっている犬に無理やり着せるのはだめ!
嫌がる犬には無理やり着せるのではく、時間をかけて徐々に慣らしていきましょう。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。