ビーグルの性格やしつけ方!忘れ物捜索犬として大人気!ウサギとの相性も

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

あの有名なキャラクター「スヌーピー」のモデルでもあるビーグル犬。
狩猟などではかなり優秀で、模様も独特ですよね。

ビーグルの性格

歴史はかなり古く、ローマ時代にまで遡ると言われています。
血統が古すぎて正確な祖先をたどるのは困難なんだとか。

名前の由来は諸説ありますが、フランス語で「開いたのど」を意味する
「begueule」から来たという説が有力視されています。
実際声がよく響くように改良された犬種で吠えるとかなりうるさいです。
住宅街で飼いたい場合はこの声はかなり問題ですよね。
しっかりしつければ大丈夫だとは思いますが・・・。

性格はとても活発で人懐っこくとにかく元気いっぱいな犬で
子供とも仲良くでき、安心して遊ばせられます。
集団生活が上手な犬なので、多頭飼いする際は困ることはあまりないと思います。
ビーグル5

仕事から帰ってきたときに元気いっぱいにお出迎えされたら疲れも吹き飛びますね!

ビーグルのしつけは根気が必要?

しつけなんですが、少しマイペースなところがある為根気が必要です。
よく餌でしつける方法なども紹介されていますが、そのしつけで危険なのは
主従関係ができていないにもかかわらず餌で釣ってしまっているという事です。

ビーグルが上だと思ってしまうと餌が無ければいう事を聞かなくなり
無駄吠えなどの問題行動も増え大変な思いをするとこは目に見えています。
しっかり主従関係を作り、飼い主である自分の方が上だと犬に理解させましょう。
ビーグル7

しっかり訓練すれば何の問題もありません。
悪いことをした時にはしっかり怒り。
いう事を聞いてくれた時にはとても褒めてあげるという当たり前のことでしつけはできます。
間違っても飼い主の気分で怒ったりしないように注意してください!

単純そうなんですがこの気分で怒らないって結構むずかしいです。
飼い主も犬と一緒に成長しないといけないってことですよね!

とにかく落ち着いて粘り強くしつけると犬も徐々にいう事を聞いてくれるようになります。
頑張ってください!

スポンサーリンク

空港で大人気のビーグル

KLMオランダ航空が公開したプロモーション動画「KLM Lost & Found service(KLM忘れ物サービス)」
に登場するビーグル犬「シャーロック」君のかわいい動画が世界中で話題となっています。

ビーグル2

実際にKLM空港で忘れ物をいち早く持ち主の元に届けるための任務に当たっており
オランダが誇る巨大空港のスキポール空港で活躍中です!
「この子は会社にとって本当に大切な存在。ほかの誰にもできないことをやってくれる」と
地上職員も誇らしそうに語っています。

ビーグルは臭いを識別する能力に優れており適任です!
世界各地には乗客の手荷物を調べて持ち込みが規制されている農薬品を見つけだす
「ビーグル部隊」などもあり世界中で活躍しています。
ビーグル3

こんなかわいい犬が忘れ物を届けてくれるなら、わざと忘れてみたいと思ってしまいます。

ビーグルとうさぎとの相性は?

元々狩猟犬のビーグルですが、中にはウサギを見ても襲わない優しい子もいるようです。
ビーグル4

この2ショットとても狩猟犬とは思えない写真です。
一緒に飼えないことはないかもしれないですが、ウサギから見ると襲ってこないにしても
かなりのストレスになる為家で放し飼いはやめといたほうがよさそうです。

無駄吠えなどの問題も多いビーグルですが、飼ってみるとそんな問題も吹き飛ぶくらい
楽しいことも多いと思います。
もし飼う場合は、しっかりとしつけをして周りに迷惑にならないようにしたいですね。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。