スーパーマリオの始まりはファミコン?ゲームの歴史とシリーズ一覧!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

ニンテンドーのゲームではお馴染みのスーパマリオ。
ゲームが苦手な方でも遊んだことがある方は多いと思います。

操作も簡単で基本的な動きは前進とジャンプだけという
とてもシンプルなゲームですよね。
このシリーズの始まりはファミリーコンピューターからです。

ドンキーコング

第1作目はマリオがメインではなくドンキーコングの中で出てきます。
このときは「ジャンプマン」などと呼ばれてはいますが、名前はありませんでした。
ドンキーコングの邪魔をする悪役になったりもして
今のマリオからは考えられないですね。

ドンキーコング
ドンキーコングjr

スーパーマリオブラザーズ(1985年)

SPマリオブラザーズ

初めてマリオがメインとなったゲームとして発売。
発売されて以来日本だけでなく世界的な大人気ゲームになりました。
日本では約680万本、世界では約4030万本も売れた超人気作品です。
僕もマリオゲーム大好きで、初めて遊んだゲームもマリオだった記憶があります。

※コメントを頂きました。

マリオの初代はアーケードゲーム機が始まりだったようです。

こういった筐体のゲーム機です。

レトロな感じがたまらないですね。

ゲームセンターでしか遊べなかったマリオが、家でも遊べるようになった時は当時の方はさぞ嬉しかったのではないかと思います。

ドラえもんの声優さんの大山のぶ代さんもアーケードゲームのプロですよね。

大山さん世代の方が当時ハマっていたゲームなのでしょう。

僕は当時の人間ではないのでアーケードゲームに関しては全く遊んだことがないのですが。30年経った今でも変わらない人気のゲームを作った任天堂はすごいとしか言いようがありません。

スーパーマリオブラザーズ2(1986年)

SPマリオブラザーズ.jpg2

スーパーマリオブラザーズの続編として発売。
スーパーマリオブラザーズ2の有名な話としては、
マリオシリーズの中で超難易度が高いという噂です。
その頃の子供たちがクリアできていたのかが気になります。(笑)
僕も遊んだことがないので機会があればぜひ体験してみたいです。

スーパーマリオブラザーズ3(1988年)

SPマリオブラザーズ3
またまた続編として発売。
CMでのキャッチコピーは「僕らは、マリオと強くなる」。
発売当時は「ファミコンソフトの最高傑作」と銘打つほど。
かなり力を入れて制作されたことが分かります。
今回は非常に多くの変更や追加がされており
今までのマリオとは一味違うマリオが体験できます。

スーパーマリオランド(1989年)

SPマリオブランド
ゲームボーイの売り上げ史上2位の419万本の記録を叩き出しています。
レギュラーメンバーであるクッパノコノコなどの敵が存在せず
このゲームのオリジナルの敵が出現します。

スーパーマリオワールド(1990年)

SPマリオブワールド
ファミリーコンピューターからスーパーファミコンになって初めてのマリオ作品。
ファミコンよりもさらにグラフィックが綺麗になり、
全世界売り上げ歴代1位の2061万本を誇る。
そのため2~3年間の間ずっと価格が下がらないほどの人気作品です。

スーパーマリオランド2(1992年)

SPマリオブランド2
スーパーマリオランドの続編。ワリオ初登場。
マリオシリーズでは珍しいイージーモードが存在し、
操作が苦手な方でも楽しく遊ぶことができます。

スーパーマリオ64(1996年)

SPマリオ64
シリーズ初の3Dアクションゲーム。
今までのゲームがすべて2Dだったこともあり、
3D空間を自由に動き回れることは
当時はそれだけで衝撃的でした。

スーパーマリオサンシャイン(2002年)

SPマリオサンシャイン
今回の作品はポンプを使って落書きを消したり、敵に攻撃したりなど
ポンプを幅広く使っています。
僕もこの作品で遊んだことがありますが、落書きをポンプの水で
消すことが楽しくて結構はまってました。

スポンサーリンク

ニュースーパーマリオブラザース(2006年)

ニューSPマリオブラザーズ
久々の2DマリオとしてDSで発売。しかしキャラやグラフィックは3Dで描かれています。
NEWというだけあって新しい機能やアクションも追加されており、
さらにパワーアップしたマリオで遊ぶことができるようになりました。

スーパーマリオギャラクシー(2007年)

SPマリオギャラクシー
冒険の舞台は宇宙にあるさまざまな星になり
3Dアクションシリーズの1つとして人気がある作品です。
今回は音楽も凝っておりオーケストラの生演奏
を収録した楽曲が使用されています。

ニュースーパーマリオブラザーズWii(2009年)

SPマリオブラザーズwii
今までのマリオシリーズのネタを取り入れた完全な新作で
マリオシリーズをプレイしたことがある方は懐かしい場面も多いと思います。
最大の特徴として、すべてのコースを2~4人で同時にプレイすることができ
協力も対戦も可能です。

スーパーマリオギャラクシー2(2010年)

SPマリオギャラクシー2
スーパーマリオギャラクシーの続編として登場。
新機能も追加し前作よりもさらにパワーアップ。
前回評価の良かったオーケストラ演奏も健在しており、
アレンジ曲も追加されています。

スーパーマリオ3Dランド(2011年)

SPマリオ3dランド
テーマは「2Dマリオの感覚で遊べる3Dマリオ」となっており
2Dの特徴や3Dの特徴をとてもうまく活かしています。

ニュースーパーマリオブラザーズ2(2012年)

ニューSPマリオブラザーズ2
今回の作品のメインはコイン集めにあると言えます。
コインを100万枚集めると、、、。
どうなるかは実際にプレイして体験してみてください。

ニュースーパーマリオブラザーズU(2012年)

ニューSPマリオブラザーズU
別コントローラの「Wii U GamePad」でブロックを作ることができ
協力をしたり、邪魔をしたりすることができ邪魔する側もされる側も
どちらもついつい全力になってしまう作品です。

ニュースーパーマリオ3Dワールド(2013年)

SPマリオ3dワールド
とにかくグラフィックが美麗に表現されており、さらに新しいシリーズも登場しています。

ニュースーパーマリオメーカー(2015年)

SPマリオメーカー
名前でわかる通り今までにないマリオシリーズです。
自分自身でマリオのコースを作ることができ、さらにそのコースを
全世界のユーザーに遊んでもらうこともできるようになっています。
聞いただけでは面倒くさそうと思われるかもしれませんが、
ブロックなどの配置も簡単ですぐ作ることができる為
一度遊べばやみつきになるかもしれないですね。

マリオシリーズは今回紹介したものだけでありません。
マリオテニスやドクターマリオといったゲームも数多くあります。
こうして見るとたくさんのマリオシリーズがありました。
僕の良く知っているゲームも初めて見るゲームもあり
どれも遊んでみたくなるようなものばかりです。
3Dがメジャーになった今2D版のマリオが新鮮かもしれないですね。
これからどんなマリオシリーズが出てくるのか期待しています!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。