タジフのセリフはコンニチマ?かわいい山の民?ランカイとの闘いも紹介

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

こんにちは!

昨日は遅番終わりからの休みだったんですが、朝家について寝るのもったいなかったんで寝ている後輩に電話して遊んでました。

後輩ごめん!

今回はジバオウに続いて同じ山の民であるタジフについても書いていこうと思います。

書こう書こうと思いつつなかなか書けなかったキャラクターで、こちらも個性が強いですよね。

ジバオウのように秦国の言葉を話すことはできませんが、信達といっしょにいることによって少しずつ話せるようになってきました。

たどたどしい話し方が見た目とは違いかわいいんです。

そしてランカイとの闘いもご紹介していきます。

タジフとは

タジフ2

タジフといえば先端に巨大な丸石の武器が特徴の山の民ですよね。

タジフ5

政と信が山の民と初めて会ったとき信の攻撃を顔面に受けたのがタジフでした。

タジフ6

タジフ7

そして信達が山の民の牢屋に閉じ込められて、秦国の人間に恨みを持つ山の民から弓や槍で突かれそうになったときそれを止めたのもタジフです。

今でこそ信達と仲のいいタジフですが、初めは良く思っていない場面も。

しかし一緒に戦っていくうちだんだん打ち解けていき、秦国の言葉を話せないタジフですがバジオウを介してよく話をしています。

バジオウの記事はこちら!

バジオウは史実で実在した?仮面の中の素顔は?過去についても紹介

マンガやゲームでもよく出てくるキャラですが、こちらも詳しくは分からないキャラのようです。

スポンサーリンク

タジフがやっと話せた言葉はコンニチマ?

もともと無口なタジフですが、46巻にしてやっと秦国の言葉を話します。

その言葉は「コンニチマ」

タジフ3

よく見ると「コンバンマ」とも話してました。

やっと話せるようになったんや!

しかし間違ってる・・・。

一生懸命話そうとしている姿はすごくかわいいですね。

気になる方はぜひ46巻読んでみてください。

信をとても気に入っておりバジオウを介して話していると書きましたが、いったい何の話をしているのか気になりますよね。

戦いの話なのかそれとも全く別の話なのか。

もしかすると自分たちの町?村?を紹介しているのかもしれませんね。

キングダムの初めの方に描かれているんですが、絶壁の山に建物がたくさんある町でした。

山の民村1

本当にこんな場所があるなら僕も行ってみたいと思ったほどです。

タジフはかわいい?

タジフ2

見た目はとてもごつい上に仮面まで被っているタジフですが、よく見ると結構かわいいかも。

イメージでしかないですがとても優しい人のような感じがします。

子供とか好きそう。

北斗の拳は知ってますよね?

マンガの中で「フドウ」という人物が出てくるんですが、とても強くて戦う時とか怖いくらいのオーラが出てる人物なんですが、性格は優しく子供が大好きなんです。

いらないとは思いますがフドウに付いて少し紹介します。

フドウとは

タジフ3

南斗六聖拳最後の将に仕える南斗五車星の一星「山」の戦士。

山のような巨体を持つ。

かつて親を知らず命の重さも知らずただ暴れまわっていたフドウ。

「鬼のフドウ」「悪鬼のフドウ」と呼ばれていたが当時幼いユリアに命の温かさを教えられ、心優しい人物になっていった。

リンとバットともすぐに仲良くなるところを見ると本当に子供が大好きなんだと感じます。

フドウ最後の戦いも子供たちを守る為に死力を尽くして戦う様子はとても印象的でした。

そのフドウとタジフはそっくりなような気がします。

優しそうなイメージが付いているのはそのせいかもしれませんね。

こんなこと書いていたら北斗の拳また読みたくなってきた。

キングダムもですが北斗の拳も名作ですよね。

タジフとランカイの戦い

タジフ8

タジフもまたランカイと戦った一人です。

ランカイの記事はこちら!

キングダムランカイのモデルは?実は山の民で実在した?そもそも人間?

周りの人が強すぎてタジフの強さが薄れてしまっていますが、タジフ自身もかなり腕の立つ戦士。

ランカイ戦では重傷を負わされるもランカイの足に食らいつき動きを止める場面も。

タジフの働きによってランカイ戦では勝つことができたんではないでしょうか。

自分より何倍もある相手の動きを止めるほどの力を持っているってことですよね。

そらケンコバも気に入るはずです!

王騎将軍はアメトークで人気に?声優は吉村?部下や武器も紹介

それでもバジオウには敵わないってバジオウどれだけ強いんでしょう。

山の民の戦いは登場する場面が少ないですが、秦国VS趙国の戦いが始まった今また驚くほどの活躍をしてくれることでしょう。

今後の活躍に期待大!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。