バイク250㏄の維持費や服装は?女子にもおすすめワークマンジャケット

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク
移動手段と言えば車や電車などが一般的ですが
バイクもかなり使い勝手が良い移動手段ではないでしょうか?

250㏄のバイクならば車と同様の速度を出すこともでき
電車が通っていない道も簡単に行くことができます。
(250㏄のバイクを乗る際は普通自動二輪免許が必要です)

1年間の維持費はいくら?(250㏄)

バイク3

税金 3600円
※これとは別で2500㏄の場合、新車購入時のみ重量税というものがかかってきます。
重量税 6300円
自賠責保険 約7000円
(自賠責保険は最大5年間分をまとめて払うことができまとめて払うとお得になります)
1年 9150円
2年 14290円(1年あたり7150円)
3年 18970円(1年あたり6320円)
4年 23560円(1年あたり5890円)
5年 28060円(1年あたり5610円)
となります

任意保険
※任意保険はオプションや年齢によってかわります。
相場は20000円程度です。

合計で最低約40000円
+ガソリンやメンテナンス代

ガソリン代やメンテナンス代は乗った距離や年数によって変わってくる為
計算には入れませんが、1年間で交換が必要な消耗品もまとめてみました。

スパークプラグ
不調が無ければ5000kmで交換が目安

エンジンオイル
3000kmに1度。もしくは半年に度が目安

オイルフィルター
6000kmに1度が目安

基本的な消耗品はこのくらいですが、何年も乗っていればタイヤなどの交換もするべきでしょう。

スポンサーリンク

バイク女子にもおすすめの服装

バイクに乗っている女性の方も多いのではないでしょうか?

たまに町などでスカートで乗っている方や
男性の方でも夏場に短パンで乗っている姿を見かけますが
半袖や短パンだと転倒した際、直に地面と接触してしまう為
ツーリングの際は長袖・長ズボンがおすすめです。

バイク夏
夏場
メッシュジャケットを選びましょう。
「メッシュジャケット」というのはその名の通り
「メッシュ」なので走行中に全身に風を浴びることができる為気持ちよく走行できます。

手袋などは季節によって変えるのは面倒ではあるのですが
「メッシュ」生地だと快適にツーリングできます。

バイク冬
冬場

冬場のアウタージャケットの条件はまず防風であること
インナーダウンで断熱・保温対策をした上で
防風効果の高いジャケットを着れば暖かくツーリングが楽しめます。

そこでオススメなのが
ワークマンという作業着を主に扱っている店が販売している。
「イージス」という防寒着なのですが
値段もお手頃で最近ではワークマンがバイク乗りの為に
防水効果を強化して売り出している防寒着です。
バイク乗りの方にも評判がよく、通勤などの際はとても役立ちます。
イージス
また首の防寒もかなり大切な防寒部分ですよね。
首元から風が侵入してきてかなり寒い思いをした経験がある方も多いのではないでしょうか?
これを防ぐのと防がないのとではかなり差がでてきます。

普通のネックウォーマーよりもバイク用のネックウォーマーがおすすめです。
ネック

今年の冬は暖冬と言われていますがそれでもバイクに乗ればかなり寒いので
しっかりと防寒をして冬のツーリングを楽しみましょう!!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。