山田花子の本名や夫との馴れ初めは?プロレスやバイクの運転も得意?

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク
山田花子さん吉本芸人で有名な方ですよね?
よく吉本新喜劇にも出ておりとても面白くて楽しい方です!

僕も最近知ったのですが、山田花子さん実はバイク乗りなんだそうです。

山田花子の本名は?

山田花子 5

山田花子
生年月日:1975年3月10日
本名:福島京子・渡邉京子(旧性)
ニックネーム:花子・花ちゃん・花子姉さん
出身:大阪府
事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

本名全然違いますね。
山田太郎みたいな感じで付けたんでしょうか?
山田花子さんは中学校在学中からタレント活動はじめています。
めっちゃ早い!
きっかけになった番組は毎日放送「4時ですよーだ」に素人として出演したのがきっかけのようです。
この出演でタレント業に目覚めたのでしょうか?
番組自体も僕は知らないですが。

山田花子と夫との馴れ初めは?

昨年には第二子も無事出産し、幸せな家庭を築いていますよね。
山田花子 1
夫は「福島正紀」さんと言い職業はトランペット講師なんだとか。
夫の収入は0だそうで、生活費は山田さんの収入頼みのようです。

気になる馴れ初めなんですが、山田花子さんが彼の運営するトランペット教室に入ったことがきっかけで結婚に至ったとのこと。
夫の事を調べているとあまりいい噂は書かれていないですね。

「キスは1回100円かかる」
「夜10時を過ぎてからの相談や暇つぶしの会話には1時間500円かかる」
「子供が夜泣きで山田さんがあやしているときに旦那は防音室で寝ている」
などなど・・・。
山田さん自体がネタにしていることもあると思うのですべてがホントの事ではないでしょうが、
夫が悪いと言われると逆に山田花子さんの人の良さが際立ってきますね。
山田花子 2
結婚当初は周囲から「イケメンの旦那さんと結婚おめでとう」などの声もたくらんもらっていたようですが、最近は「大丈夫?」などの心配してくれている声も多いようです。
少し問題のある旦那ですが、そこも山田花子さんの性格の良さで旦那の性格も変わってくれることを祈ります。
個人的には人がどう思おうが山田花子さん自身が幸せならそれでいいのではないでしょうか?
話のネタにもなるし悪い所ばかりでもないと思います。

スポンサーリンク

山田花子にはプロレス経験が?

山田花子
先ほど中学在学中からタレント業をしていたと書きましたが、その途中に女子プロレスをしていたようです。
その話は「痛快!明石家電視台」という深夜番組で話しています。
さんまさんが「在籍した期間は?」と聞くと「4ヶ月です」と答えています。
短いですよね?
やめた理由が「受け身がちゃんとできなくて失禁したんです。」と話しており、しかもリングの上でしてしまったんだとか。
それが毎回の為社長から「頼むからやめてくれ」と懇願されたのが原因で諦めたようです。

まず受け身の練習をすべきでは?とも思います。
山田さんには合ってなかったのでしょう。
タレント戻ってきたからこそ今の山田花子さんがあるわけで今だから言えることですが、むしろやめて正解でしたね。

山田花子はバイクの運転好き?

山田花子 6
山田花子さんって実はバイク好きで中型の免許も持っているんです。
テレビでもたまにバイクの話を楽しそうにしています。
現在乗っているバイクはVツインマグナ
250㏄ですね!

Vツインマグナ
(V-TWIN MAGNA)
メーカー:ホンダ
車両重量:183㎏
生産:1933年~2007年

クルーザータイプのバイクです。
当時はアメリカンが人気だったようで、250クラスでの売り上げナンバー1だったバイク。
2007年の排出ガス規制強化に伴って生産が終了。
山田花子 4

昔からバイク好きだったようで、中型取る前は50㏄のバイクを数台乗っていたようです。
ごきげんようという番組でバイクの話をしているのですが、ここでも人の良さがでています。
「昔乗っていたバイクで事故をしてしまったんです。車が急に曲がってきてこけたんです。バイクの部品とかいっぱい落ちて。運転手さんが出てきて”直したるわ”って言ってボンドでそれを直し始めたんですよ。”はい!すいません!”って言って走ってたら風で全部ボロボロって落ちてね。
”おっちゃんこれ落ちるわ。もっとちゃんと直して”って言ったら、”また明日おいで。ここに集合しよう。朝の9時にここに来たら直したるわ””うん分かった!”って言って次の日に行ったらいないんですよ。」

司会の小堺さんも笑っていましたが普通は信じないですよね?
でもそこが山田花子さんのいいところです。
今後もバイク楽しく乗ってもらいたいです。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。