シモンチェリのライディングは?事故はヘルメットのせい?髪型や体重もまとめ

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク
シモンチェリ選手はバイクのライダーです。
少し独特で呼びずらい名前なんですが、ライディングも名前に劣らず独特なフォームをしています。
今回はシモンチェリ選手の紹介です!

シモンチェリのライディングとは?

マルコ・シモンチェリ
(Marco Simoncelli)
生年月日:1987年1月20日
国籍:イタリア
チーム:サンカルロ・ホンダ・グレシーニ
レース数:148回
2008年のロードレース世界選手権において250㏄クラスのチャンピオンとなり
、2010年からは最高峰のMotoGPクラスに参戦するほどの実力の持ち主です!

シモンチェリ 4
長身を活かしてダイナミックでアグレッシブなライディングをしていたシモンチェリ選手。
性格も陽気で多くのファンに親しまれていました。
シモンチェリ  9
そのアグレッシブすぎるライディングから他の選手の妨害をしてしまったりと少し問題な部分はありますが、とても積極的に走る姿が将来を期待させていたようです。

スポンサーリンク

シモンチェリの髪型や体重は?

ライディング姿も人を惹きつけますが、ヘルメットを脱いだ時のアフロヘアも目を釘付けにしますよね。

髪型

シモンチェリ 2
シモンチェリ 6
ふさふさなアフロですね!
どうやってヘルメット被っているのか不思議です。

体重

シモンチェリ 1
体重は72㎏と身長が183cmと長身の分それなりにはありますね。
体重の軽い選手でダニ・ベドロサ選手がいますが、その選手で51㎏です。
やはりすごいスピードで走る分軽すぎるとハングオンするときなどは不利になったりするのでしょうか?

シモンチェリが事故!原因はヘルメット?

シモンチェリ選手は2011年10月23日に開催されたセバン・インターナショナル・サーキットにおいて開催されたマレーシアGPの決勝レースでの事故により亡くなっています。

死亡した原因はシモンチェリ選手の使っていたヘルメットにあるのでは?と疑問が出ているようです。
シモンチェリ選手はAGVのヘルメットを使用しており、事故の動画を見ていただけると分かるのですが横に滑った際後続車のバイク2台と接触。
その接触の際ヘルメットが脱落し頭がむき出しになっており、そのせいで亡くなったのではないか?
と疑問の声が出ています。

AGV
イタリアのヘルメットメーカー。
AGVのヘルメットを着用している有名な選手としてMotoGPチャンピオンの「バレンティーノ・ロッシ」や世界GPチャンピオンの「ジャコモ・アゴスチーニ」などの選手が挙げられる。
AGV

シモンチェリ選手の場合はアフロが入るように中の素材を薄くしてほしいと頼んでいたようで、それも事故の際脱落した原因なのかもしれませんね。
何百キロという速度でぶつかられたら、ヘルメットに問題がなくても抜けてしまうことはあると思うのでそれも不運だったとしか言いようがないと思います。

今後このようなことがないようにヘルメットの技術も安全に向けて進化していってほしい所ですね。
やはり死亡事故の話を聞くのは嫌です。
死んでしまったらもうそこで終わりです。
死ななければ可能性は無限にあります。
今現役で走っているライダーの方も安全には気を付けて走ってほしいと思います。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。