SR400の魅力や族車仕様も紹介!女子にもできるキック方法や年式別もまとめ

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク
SR400クラシックですごくシンプルなデザインでかっこいいですよね!
スイッチ一つでエンジンがかかるバイクが主流な現在で、
今だにキック方式でエンジンを始動させるあたりはファンの方にはたまらないのではないでしょうか?

僕もキック原付でエンジンかからないときにしてたくらいで、あまり経験ないですね。
今のホーネットもキックはないですし。
この前フェリーで実家の高知にバイクで帰ってたんですが、
知ってる方も多いとは思いますが、フェリーってバイクとか車とか一番下にまとめて入れるんですよ。
こんな感じで。この画像はまだバイクしか入ってませんが、端にバイクを入れて中に車をどんどん入れていく感じですね!
フェリー
画像汚くてすいません。
そのときキックでエンジンを豪快にかけていたバイクがあってかっこいいなあって思ってました!

SR400の魅力!

キックスタート

やはりキック方式ではないでしょうか。
キックに魅力を感じない方は逆に面倒かもしれませんね。
でもキックでエンジンをかけバイクが「ブルルンブルルン・・・」ってかかるのすごい魅力的です!
SR400 2
こんな感じで体全体を使ってキックべダルを押し込むんですよね。

デザイン

やはりシンプルだけどかっこいいデザインも魅力のひとつです。
調べてみるとすごいデザインが豊富で驚きました。
SR400
自分好みのデザインのバイクを選ぶことができますね。
自分でバイク塗ったりする方いますが、そんな必要ないくらい豊富です。

単気筒

発進する際の強烈なトルクはたまらないと思います。
エンジンブレーキも4気筒に比べるとかなり強いようです。
信号変わった瞬間にガソリンを爆発させながらぶっちぎりでスタートするのは気持ちいいでしょうね!
SR400 3
イメージはこんな感じです。

スポンサーリンク

SR400をカスタムして族車仕様に!

SR400 4
SR400 6SR400 5SR400 7
族車と言えば3段シートのイメージ強いですね。
うちの近くでも結構走ってるんですが、いい音出してます。

SR400の女子でもできるキック方法

キックスタートは力というよりもコツが一番大事なようです。
まずSR400にはキックスタートさせるときに使うでコンプレバーというものがあります。
SR400 8
これですね。これにより圧縮した空気に負けずキックペダルを踏みこむことができます。

デコンプとは
コンプレッション(=圧縮)の略です。
圧縮工程にあって閉じている排気バルブをわずかに開き、圧縮を逃がしてピストンを動きやすくするシステムのことです。

デコンプレバーを使うタイミングはまずキックペダルを軽く踏んで重くなった位置があるはずなのでそこで一度止めます。
その場所が圧縮上死点になります。

圧縮上死点とは
空気を圧縮した一番上の位置のことです。
空気がぎゅーっと圧縮されきった状態です。

このときにデコンプレバーを握りエンジンの横についている
「キックインジケーター」を見ます。
普段はこんな風に黒いのですが
SR400 9
デコンプレバーを握りながらゆっくりとペダルを踏むことによって
窓にマークが出てきます。
SR400 10

マークが出たところでレバーを放してください。
ここからキックペダルを一気に踏み下ろしてエンジンを始動させます。

流れとしては
キックペダルを踏む

重くなったところでハンドルにあるレバーを握る

窓を見ながら少しずつ踏んでいく

マークを確認したらペダルを放す

一気にペダルを踏みこむ

こんな感じでしょうか?
文章で説明するのは限界があるので、実際バイクを持っている方は慣れないうちはひたすら練習する方がいいでしょう。
信号待ちなどで止まった場合焦ってかからないとき、恥ずかしいし焦ると思います。
男子女子関係なくコツさえつかめば簡単にエンジンをかけることができるので、頑張ってください。

SR400年式別まとめ

  • 1978年誕生
  • SR400 11

  • 1985年
  • SR400 12
    フロントホイールが18センチになり、フロントブレーキがドラムブレーキになってます。

  • 2001年
  • SR400 13
    この年からディスクブレーキとなり排ガス規制に対応したSR400が製造されました。

  • 2014年
  • SR400 16
    排ガス規制によりインジェクション化され、始動不良のトラブルも改善されたことにより初心者にも乗りやすいバイクになりました。

どうでしょうかSR400の魅力は伝わりましたでしょうか?
癖は強いが素晴らしい魅力を持ち合わせたバイクです。
個人的にはトルクが強いというのが魅力的でぜひ一度その強靭なトルクを体験してみたいです!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。