井岡一翔の愛車はランボルギーニ?モテる秘訣は短髪の髪型?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク
井岡一翔さんかっこいいですよね。
たくさんの試合で勝ち続けて、負けなしって感じです。
そんな井岡選手をご紹介します!

井岡一翔の愛車はランボルギーニ?

少し井岡選手のプロフィールです。

井岡一翔
1989年3月24日産まれ。
余計なことですが僕と同い年です!

    井岡選手がとったタイトルマッチ

  • 第33代日本ライトフライ級王者
  • 第13代WBC世界ミニマム級王者
  • 第21代WBA世界ミニマム級王者
  • 第27代WBA世界ライトフライ級王者
  • 第75代WBA世界フライ級王者

こんなにたくさんタイトルマッチを獲得しています。
3階級制覇は世界最速のようです。
すごすぎます・・・。

※WBAとWBCの違い
豆知識として紹介しておきます。
細かく違うところは結構あるようですが大きく分けて主催している団体が違います。

WBA(世界ボクシング協会)
設立:1921年1月13日
本部:パナマ・パナマシティ
加盟国:90カ国
ルール:3ノックダウン制
1ラウンド中に3度のダウンがあった場合、ノックアウト(アメリカ除く)
ボクシング 1

WBC(世界ボクシング評議会)
設立:1963年2月14日
本部:メキシコ・メキシコシティ
加盟国:161カ国
ルール:フリーノックダウン制
レフェリーが「試合続行不能」と判断しない限り試合続行
ボクシング 2

WBCの方が少しだけ後に設立されています。
WBAはルールが細かいイメージで、よく聞くのはやはりWBCが多いですよね。
加盟国も圧倒的にWBCの方が多いですし。

話がそれてしまいましたが、井岡選手の愛車をご紹介します。
タイトルマッチを獲得する度、いろいろな方から高級車をプレゼントされているみたいです。
井岡一翔 2
この写真は納車の時の写真ですが。3000万から4000万もする日本に3台の「ランボルギーニ・ムルシエラゴ」(ランボグリーン)です。
色もすごいですが、見るからに速そうな車ですね!

ランボルギーニムルシエラゴ
史上最強の性能を誇るスポーツカーのひとつ。
12気筒を搭載するモデルで、最高で670万馬力をも発揮する4WD。
最高速でいえば約330km/hものすごいスピードを出せます!

街乗りは無理そうな車ですね。
しかしすごい。一度でいいから運転してみたいです!

そして1台だけじゃないんです。
WBC世界ミニマム級新王者となった際には約1500万円の高級車「ポルシェカイエンS」がプレゼントされました。
井岡一翔 4
さらにWBA・WBC世界ミニマム級王座統一戦では約2500万円の高級車「ランボルギーニ・ガヤルドネラ」がプレゼントされています。
井岡一翔 3
これだけでもすでに3台も高級車を所有していることになりますね。
しかも2台はランボルギーニという・・・。
家は展示会のようになっているんじゃないでしょうか?

同い年の方ですがその差はものすごく大きいです。
それだけ小さいころから努力されているんでしょう。

スポンサーリンク

井岡一翔のモテる秘訣は髪型?

井岡選手ってよく髪型変えてますよね?
どの髪型も良く似合っていてかっこいいです!

井岡一翔 A
井岡一翔 B
これはほんの一部ですが、スーツ姿できちっと決めているものから
短髪でスポーツマンの雰囲気の髪型までなんでも似合いますね。

かっこいい髪型とかっこいいスポーツカーなんて理想的な組み合わせです。
きっと女の人もメロメロなんでしょう!
もはやモテない理由が見つからないくらいです。
そのうえボクシングも強い!

今後もたくさんの活躍期待しています!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。