辰吉丈一郎が人気の秘密は優しい人柄?奥さんの喫茶店を紹介!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク
辰吉丈一郎さんご存知ですか?
かなり有名なボクサーであり2016年現在46歳でありながらいまだに現役のボクサーとして息子と一緒に切磋琢磨しています!
とっくに現役を引退していてもおかしくない歳にもかかわらず、現役を貫くところがすごいです。
人脈もかなり広くイチロー選手とも友人なんだとか。
僕のブログでもご紹介した山中慎介選手は辰吉選手に憧れてボクシングを始めています。
人に与える影響もその人の魅力のひとつですよね。
そういった意味でも辰吉選手はみんなが憧れるボクサーの一人のようです。
山中慎介選手の記事も読んでいきませんか?
山中慎介の強さは練習と妻だと予想!足も強化し具志堅用高の記録に迫る!

辰吉丈一郎の人気の秘密は?

辰吉丈一郎
生年月日:1970年5月15日
階級:バンダム級
所属ジム:大阪帝拳ジム
出身地:岡山県

第50代日本バンダム級・第18代・第24代WBC世界バンダム級王者。

先ほど紹介した山中慎介選手の他に長谷川穂積選手も同じ階級です。
バンダム級・ライト級あたりは日本のプロボクサーは多いイメージです。
辰吉丈一郎 6
ジャージ姿が多いですね。そしてジャージがよく似合ってます!
最近は髭にも白髪が混じってきてますが、貫禄がでてかっこいいです!
そんなたくさんの人から憧れられ人気のある辰吉選手なんですが、いったい辰吉選手のなにがそんなに人気なんでしょうか?
もちろん実力もあるという事が挙げられると思います。
実際世界王者にも輝いた過去も持ち合わせていますし。
それ以上に人柄の良さが実力よりも勝っているのではないでしょうか?

辰吉選手の人柄の良さはいろんな方のブログで書かれています。
僕は実際辰吉選手と関わったことがないので人の話を聞くしかないのですが、そういった話を読むと本当に心の優しい方だなというのが伝わってきます。

スポンサーリンク

藥師寺とのタイトルマッチ3日前。
ジム前に小学生5人が辰吉選手のサインを貰おうと待っていました。
そこに辰吉選手登場!
小学生5人組は即座に「サインちょうだい!」と声をかけたのですが、辰吉選手のトレーナーに「試合前だから」と断られてしまっていました。
半泣きになりながらも諦めきれずに練習をじっと見ていたようです。
辰吉選手の方も気になりながらもトレーナーに止められた為、なにもできずに練習を行っていたのですが、2時間ほどしてトレーナーが席を外した瞬間。
今だとばかりにグローブを外して外に飛び出し、その小学生1人1人と握手やサイン・写真を撮って笑わせていたんだとか。

本当に優しい方です。
辰吉丈一郎 2

対戦相手の選手の事もきちんと尊重しています。
パフォーマンスでよくビッグマウスを行っていたようですが、試合が終わればきちんと謝罪をしているようです。

ビッグマウスとは
大口をたたくことです。
よく試合前のインタビューで相手の選手の事を聞かれて
「楽勝で勝てる」や問題になった亀田選手の
「負けたら切腹」発言などもこれに当たりますね。
パフォーマンスもファンの方やお客さんを楽しませるためには必ず必要なものだと思います。

また息子の辰吉寿以輝選手のデビュー戦でのコメントでは
「相手の岩谷忠男選手もいい戦いをした。今回は、勝たせてもらったけど相手にも頑張ってほしい」
と息子の話だけでなく対戦相手のことも考慮したコメントをしています。

懐が深い人ってこういう人の事をいうのでしょうね。
無意識に人柄の良さが出てるっていう感じです。
辰吉選手と関わった人はそういう所を見て魅力を感じているんだと思います。
僕もそんな心の優しい人を目指していきたいです。

辰吉丈一郎の奥さんの喫茶店を紹介

辰吉丈一郎 5
辰吉選手の奥さんは辰吉るみさんと言いとても美人な方です。
そんな辰吉るみさんは喫茶店を経営しており、その喫茶店の手伝いを辰吉選手もしているみたいです。
店の名前は「白千館」。
大阪府にあり、オススメはオムライスとミックスジュースなんだとか。
辰吉選手も店にいたりするようなので、機会があれば行ってみたいです。

お店の詳細を書いておきます。
近くの方や興味のある方がいれば訪れてみては?
白千館
辰吉丈一郎 1
〒570-0048
大阪府守口市寺方本通1-3-16
電話番号:06-6997-3307
営業時間:月-日 6:30~18:30

辰吉丈一郎 4
お店の雰囲気も落ち着いた感じでおしゃれなようです。
辰吉選手に会えればいいですね!
まだまだ現役で頑張っている辰吉選手。
今後も息子さんと一緒に頑張ってほしいです!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。