松本亮はボクサー?それともイケメンモデル?母親も心配の手術結果は?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク
こんにちは!また日にちが空いてしまいました。
毎日更新ってかなり大変です。他のブログなんかも見たりするんですが、毎日書いてる方尊敬します。
今回は松本亮選手の紹介です。

メインはボクサーなんですがかなりのイケメンなんでモデルの仕事もしていて、モデルとしての松本選手のファンの方も多いのではないでしょうか。
モデルとボクサー両方している選手って初めて聞きました。
両立できるもんなんですね。
また今年の9月に高校時代の持病が再発し手術されています。
成功したかどうか気になります。その手術結果も!

松本亮はボクサー?モデル?

まずは簡単なご紹介!

松本亮
%e6%9d%be%e6%9c%ac%e4%ba%ae7
生年月日:1994年1月11日
所属ジム:大橋ボジム
出身:神奈川県
階級:バンダム級
戦績:18戦17勝(15KO)1敗
勝率:約9割(KO8割)
試合数まだまだ少ないですが勝率がすごい!

大橋ジムといえば先日書いた松本選手と同じ事務です。
松本選手がまだ若いので試合で被ることはないと思いますが、将来は立派なライバル候補ですね!
通称名が「ジャニーズ系ボクサー」
モデルやってるからそうなったんでしょうが、本人はこの通称名嬉しいんでしょうか?

なんでもボクシングを始めたころから芸能事務所から誘いがかかってたんだとか。
そして小学5年生のときにテレビ番組で明石家さんまと共演!
松本選手ただものじゃないですね。

ボクシングの方もしっかり結果を残しており、第34代OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者に輝いています。

2011年にプロボクサーとして本格デビューした松本選手なんですが、その翌年2012年にはモデルとしてもデビューしています。
%e6%9d%be%e6%9c%ac%e4%ba%ae3

その年には高校生のファッション誌「HR」に登場しボクシング関係者の方はかなり驚いたと思います。
ボクシング1本で頑張ってる方からしたら片手間でしているようにも思われるかもしれないですね。
個人的には型にとらわれない生き方してるの尊敬します。
しっかりボクシングでの成績も残しているので文句の付けようもないです。
自身のアメブロも拝見させていただいたんですが、午前中にモデルの撮影して午後はしっかりジムで練習という形をとっていて普通のボクサーよりよっぽど頑張っているのではないでしょうか。

両立はかなり大変でしょうが頑張ってください!

スポンサーリンク

松本亮の手術結果は?

持病の副甲状腺機能亢進症の手術に臨んだ松本選手。
自身のツイッターで手術の成功を報告されていました。

副甲状腺機能亢進症とは?

副甲状腺ホルモンが過剰に分泌されている状態。
副甲状腺ホルモンは体に欠かせないホルモンですが、多すぎても害になります。
症状としては骨病変(骨がもろくなる。骨折しやすいなど)、高カルシウム血症(喉が乾く、吐き気、筋力低下など)があげられます。
ひどい時には昏睡状態に陥ることもある。
%e6%9d%be%e6%9c%ac%e4%ba%ae6

放置するとかなり危険な病気です。
先に紹介しましたが松本選手の戦績は17勝1敗。
この1敗は持病が再発したときに行った試合のようでかなり体調が悪い状態で挑んだ結果負けてしまってます。
負けたとはいえ体調が悪い中試合に臨んだ松本選手はかっこいい!
早く次の試合が見たいです。
%e6%9d%be%e6%9c%ac%e4%ba%ae5
この結果について大橋ジムの会長である大橋秀行さんは
「本当に試合を中止にするべきでした。本当に後悔しています。亮には悪いことをしました。これからどんなことがあろうと、どれだけお金がかかろうと必ず世界のチャンスを作ります。」
とブログで書かれています。

負けた後病気が発覚したのもありショックが大きかったのではないでしょうか。
この試合で病気の症状が悪化しなくて本当によかったです。

%e6%9d%be%e6%9c%ac%e4%ba%ae2

%e6%9d%be%e6%9c%ac%e4%ba%ae4

ブログやツイッターなんかでも病気の事について書かれていました。
ご両親も手術の時にはかなり不安だったはずです。
松本選手自身もこの手術で今までよりも大人の考えに変わったのではないでしょうか。
ツイッターやブログの内容も支えてくれる人への感謝の言葉が多いように思います。

両親を始め応援してくれている方の為にも早く世界を取らないといけないですね!
僕も応援しています。病気に負けるな!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。