村田諒太の強さは筋肉?次の標的はサンダース? 映画やドラマにも

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク
前回小國以載について書いたのですが、またまた年末ボクシングの試合した選手について書いていきます。
今回は村田諒太選手についてです。
調べてみるといろいろなことをされている方のようで、興味深い選手の一人ではないでしょうか。
ボクシングと並行でモデルされていた方も紹介しましたが、村田選手はドラマにも出演するという珍しい両立をされています。
しかしボクシングの方も手を抜くことなくされていて、そんな村田選手の強さについて、そして今標的とされているビリー・ジョー・サンダースについても調べてみました。

村田諒太の強さや筋肉

いつも書いていますが、初めに村田選手を知ってもらいましょう。

村田諒太
村田諒太1
生年月日:1986年1月12日
所属ジム:帝拳ボクシングジム
出身:奈良県
階級:ミドル級
戦績:12試合12勝(9KO)
勝率:10割(KO率7割)
試合数が少ないせいもありますが、全戦全勝です!
一番驚いたのは今31歳なんですね。
もっと若いと思ってました。
でもよく見ると貫禄ありますし、頼りになりそうな大人の男の雰囲気があります。

2012年に行われたロンドンオリンピックミドル級では金メダルを獲得!
その他にも
世界ボクシング選手権(銀メダル)
インドネシア大統領杯(金メダル)
アジア選手権(銅メダル)
を獲得しています。
そして2013年にプロとして転向しました。
プロとしてはまだまだ試合数は少ないですが、実力は本物の選手なので今後が楽しみですね!

村田選手良い筋肉してます。
村田諒太3
30代になっても衰えない筋肉の秘密はその練習にあるようです。

ちょいメモ(オーバートレーニング)

トレーニングA
ムキムキになろうと思ったとき体が動かなくなるまでトレーニングをすればすぐにムキムキになれる。
そう思っている方もいるかもしれませんが、実際はそうじゃありません。
そういう過剰なトレーニングは「オーバートレーニング」といい、「過剰なトレーニングによって運動能力が低下し、容易に回復できない状態」の事を指します。

どういった弊害がでるかというと、慢性的な疲労感頭痛腰痛発熱息切れ不眠などの症状が現れます。
風邪の症状みたいですね。
さらにそれを続けることで疲労が蓄積し取り返しのつかない障害になったりもするようです。
適度な休息も立派なトレーニングと考え、休息も入れつつ体を鍛えていくことが大切です。

トレーニングや習慣

ストレッチと腹筋に20分。1時間のジムワーク後に筋トレを30分行う他、朝ロードワークを10kmとダッシュ。自転車系トレーニングなど、有酸素運動を主に取り入れているそう。
村田諒太4
村田諒太5

「僕の場合、トレーニングはいつもボクシングとシンクロしているんです。トレーニングに取り組む上での気づきはすべてボクシングの中にある。たとえば、スパーリングがダメだった日に”ちょっと力んだなと”と感じたなら、翌朝のランニングはゆっくり走り始めるんです。身体がほぐれて、いい動きになってきたから本格的に走り始めたり。そんな風にしてボクシングとトレーニングを色々なカタチでリンクさせていくんです」

体調に合わせてトレーニングも変えてるんです。
さきほどちょいメモでも書きましたが、適度なトレーニングを意識して毎日続けていることが大きな結果を生んでいるんだと思います。
また食事方法にも気を使い、
「野菜、肉、魚、ご飯の順にひとつずつ食べ終えてから次の皿に手を付ける。いわゆる「ばっかり食い」という食事療法」
この食事方法だと血糖値を低く保ち、脂肪の燃焼を促すことができるそうです。
体調管理もきっちりしていて、常に万全な状態を維持することでトレーニングの効果も最大に活かすことができているのでしょう。
完璧と言っていいほどの徹底ぶりですね。

村田選手の強さはこの徹底したトレーニングと生活習慣にあると言っても間違いではないでしょう。
人間の30代なんてまだまだこれからです。
周りの若者に負けず頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

村田諒太の次の標的はサンダース?

プロ入りしてから負け知らずの村田選手ですが、次の標的はビリー・ジョー・サンダースという話が出ています。

サンダースって誰?と思われた方にサンダースの説明します。

ビリー・ジョー・サンダース
ソンダース
本名:ビリー・ジョー・ソーンダース
生年月日:1989年8月30日
国籍:イギリス
階級:ミドル級
戦績:24戦24勝(12KO)
勝率:10割(KO率5割)
村田選手に引けを取らない戦績!
こちらも負け知らずですね。

WBO世界ミドル級王者
2008年の北京オリンピックではウェルター級で出場していたのですが、プロに転向してミドル級に階級をあげてきました。

手強そうな相手です。
プロに転向した際ジェームス・デゲールとフランキー・ギャビンも同時期にプロへ転向しています。
フランキーはアマ世界選手権で金メダルを、ジェームスは五輪で金メダルを獲得し大きな注目を集めており、サンダースは2人のスター候補に隠れてしまいあまり注目されていない存在だったようです。

しかし、そんな注目されていた2人が思うように結果を残せない中ただ1人無敗をキープしたのはサンダースでした。

そして2015年に当時のWBO世界ミドル級王者であるアンディ・リーを倒し王座獲得

村田諒太サンダースに挑戦?

ボクシングC
現段階で村田選手はWBO世界ミドル級王者であるサンダースとの試合を見据えていると思います。

しかし現実するのは現段階では難しいようでその理由としては、
WBOが急遽指名挑戦者にサウル・アルバレスを指名したが、それに対して同級1位のアブタンディル・クルツィゼ側と揉めていることがあげられます。
その2人よりも村田選手の優先順位が低いということです。

仮に試合が決まった場合の試合展開も考えてみました。

サンダースはガードが高く、相手の攻撃を足を使い避けながらカウンターを合わせることに長ける選手です。
その足を封じさらにカウンターを配慮して戦うことができれば村田選手が優位に立つことができるでしょう。
そしてサンダースは頭を下げる動きが多い為、アッパーカットもかなり有効な手のひとつです。
最近村田選手がアッパーカットに力を入れているのはそれを狙ったものなのかもしれません。

ちょいメモ(アッパーカット)

村田諒太7
アッパーと同じです。
基本的なパンチのひとつで、肘を曲げたまま下から突き上げるように放ち、もろに当たれば顎に直撃します。
顎にパンチを受けてしまうと脳が揺れる為意識とは別に体が動かなくなりダウンを奪うことができる。

サンダースは手数の多い選手ではない為、粘り強く戦えば村田選手も十分勝てる見込みのある相手だと思いました。
すごく見てみたい試合です!

村田諒太がドラマに?

2014年に放送されたドラマ「『黄金のバンタム』を破った男」というドラマに村田選手が特別出演されていたようです。

ストーリー

村田諒太6
1960年代にフライ級とバンタム級で世界王者となった原田氏の生い立ちを描いた作品。

村田選手の役は主人公と同じジムに所属する練習生として出演しています。
俳優業に対して「今回が最初で最後になるかも」と話していたようです。
イケメンなので俳優の仕事も違和感なくできちゃいそうですね。

村田諒太が映画に?

村田諒太8
村田選手が映画に出演という記事はありませんでしたが、「アベンジャーズ」という映画のトークショーに村田選手や他メダリスト4人が出席していたようです。
このトークショーは2012年に行われており、丁度その年はロンドンオリンピックで金メダルを獲得した年。
トーク内容ではテレビで会ってみたい人について聞かれ「ダウンタウンさん」と即答していました。
「1回だけでいいからシバいて欲しい」とも話しています。
ダウンタウンさんも怖くてシバけないのでは・・・。
ドラマに出演したってことは、もしかしたら映画に出演する日も近いかもしれないですよね。

早く世界チャンピオンへの挑戦をしてほしいし、その試合も見てみたいです。
きっと面白い試合になると思います!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。