車のタイヤが劣化?溝やひび割れがあれば交換?年式やサイズの見方も

この記事は5分で読めます

スポンサーリンク

車を走らせる上で大切な部品はたくさんありますが、その中でも絶対に必要な部品がタイヤです。

長年愛車に乗っていると、気づかないうちにタイヤが劣化してきます。

 

タイヤの溝が無くなれば交換しないといけない、という常識は車の知識があまりない方もご存じだと思います。

でも、タイヤの劣化は溝が減っていくだけではありません。

 

今回はタイヤの劣化状態の確認方法と、タイヤに記載されている年式やサイズの見方も、ご紹介していきます。

 

車のタイヤが劣化するとどうなる?

車のタイヤはゴムで作られています。

当たり前ですが、年月が経つと劣化し、新品のような弾力が無くなってきます。

 

ではタイヤが劣化していくと、どのような状態になっていくのかを分かりやすく、説明していきます。

 

車に付いているタイヤは、常に紫外線が当たっている状態です。

車を走らせていなくても劣化してきます。

 

なぜ劣化してきているか見ただけで分かるかというと、ひび割れが発生し始めるからです。

タイヤのひび割れがひどい状態で、車を走らせるのはとても危険です。

 

劣化したタイヤはバーストの可能性が高い?

「バースト」という言葉をご存じでしょうか?

バーストとは、何の前触れもなしに急にタイヤが破裂する症状の事を指します。

 

家の近くのスーパーに買い物に出かけ、途中の道路で急にバーストしてしまう、という可能性もゼロではありません。

 

バーストすると、ハンドル制御がきかなくなります。

自分の車だけ、ガードレール等にぶつかるならいいのですが、他の車を巻き込んでしまったり、歩道に歩いている人を巻き込んでしまうと最悪です。

事故が起こってから後悔しても遅すぎます。

 

タイヤのひび割れには、バーストのような危険が隣り合わせであるという事です。

 

タイヤのひび割れの他には、溝の深さも劣化状態を確認するうえで欠かせません。

本来、車の溝は路面が濡れているとき、タイヤと道路の間に溜まった水を、かき出す為に作られています。

 

タイヤと路面の間に水の膜ができてしまうと、タイヤが滑りスリップする危険があります。

あまりにも溝が無い状態で走るのも、スリップの可能性を高めてしまうので、溝が減ってきたなと感じた時は早めにタイヤ交換を行いましょう。

 

車のタイヤ溝ちょうどいい深さは?

まず、車検で通るタイヤ溝は1.6㎜以上です。

タイヤには「スリップサイン」という目安があります。

 

タイヤの溝の中には、何か所か溝の浅い部分があり、他の溝より1.6㎜浅くなる箇所、それがスリップサインです。

 

溝が深いうちは全く気付かないスリップサインですが、溝が全体的に減ってくると、スリップサインのある部分だけ溝が無くなります。

これが出てくるようであれば、全体の溝の深さは1.6㎜以下という事になりますので、早急にタイヤを交換しましょう。

 

タイヤ溝は、深いほどいいですが、いつまでも新品のタイヤをはいている状態にすることはできませんよね。

運転に支障が出ない溝の深さは、1.6㎜以上という事になりますが、3㎜程になれば水をかき出す性能も衰えてきているので、交換を考えてもいいでしょう。

 

長距離を良くドライブされるという方や、通勤に使っているので天気が悪くても車に乗るという方は、こまめにタイヤの溝をチェックして、溝が浅くなってきたと感じた時は交換を視野に入れておきましょう。

 

スポンサーリンク

車のタイヤにひびがあるのは危険?

タイヤの溝はよく確認されますが、タイヤのひびに関しては、意外と気づかない方が多いのが現状です。

タイヤにひびがあると、バーストの危険性が高くなります。

 

ある意味、溝が浅い状態よりも危険である、と言えるかもしれません。

タイヤが劣化してくると、表面の方からひびが発生し、ひどくなれば溝の中や、ゴム部分が薄い側面、つまりホイール側にまで発生します。

 

側面や、溝の中までひびが発生すると末期状態で、いつバーストしてもおかしくないと言えるほど危険です。

カーショップやガソリンスタンドで、溝がまだあるにも関わらず、タイヤ交換をオススメされた時などはひびが原因かもしれません。

 

タイヤのひびは、車の保存状態によってもかなり左右される部分です。

 

タイヤを劣化させたくないなという方は、車を屋内に入れたり、乗らないときは車にカバーを掛け紫外線から守ってあげることで、早期の劣化を防ぐこともできます。

車のタイヤに記載されている年式やサイズの見方をご紹介!

意外と知られていないタイヤサイズと、年式の見方。

 

「車のタイヤ前回いつ交換したっけ?」、と思ったことはありませんか?

年式の見方を覚えておくだけで、前回の交換時期もすぐに分かります。

 

そして、愛車のタイヤサイズを知っておくことで、新しいタイヤを探す目安にもなります。

とても簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

 

サイズ

 

タイヤに書かれているサイズは

・タイヤ幅

・扁平率(へんぺいりつ)

・ホイールの大きさ

この3つが必ず書かれています。

 

ではどのように書かれてあるかというと。

例題を使い説明していきます。

 

「215/45ZR17」

この数字の部分だけに注目しましょう。

 

左から「タイヤ幅/扁平率/ホイールサイズ」になります。

 

タイヤ幅とはタイヤを寝転がせた時の、分厚さの事を指します。

この例題では「215」と記載されているので、215㎜のタイヤ幅であることがわかります。

 

次に扁平率とは、タイヤの高さがタイヤ幅に対し、何%になるかを表しています。

高さとはタイヤがホイールにくっ付いている部分から、路面に接触する部分までの長さです。

 

例題では「45」となっているので、タイヤ幅に対し高さが45%になります。

タイヤ幅の約1/2の高さだという事です。

 

この扁平率の数字が小さくなればなるほど薄く、大きくなれば側面が分厚いタイヤであることが分かります。

 

最後にホイールサイズですが、これは何インチのホイールを履かせることができるかを記載しています。

全てのタイヤのホイールが同じサイズではありません。

 

タイヤが大きくなれば当然ホイールのサイズも大きくなりますが、タイヤの直径が同じであっても扁平率が低ければ、大きなサイズのホイールを履かせなければなりません。

 

この例題では「17」とあるので、17インチのホイールを履かせなければならないという事です。

 

これさえ覚えておけば、タイヤを交換する際の目安としては十分でしょう。

 

年式

 

タイヤには独自の表記で、年式が記入されています。

タイヤの側面に、丸く囲われて4桁の数字が記載されている場所があります。

 

それがタイヤの年式です。

例題として仮に「JBK2315」と書かれてあったとしましょう。

この2315だけを見てください。

 

そして、この数字を真ん中で2つに分けます。

すると、「23」と「15」に分かれたと思います。

 

後ろの数字は年を表しています。

この例題では2015年式のタイヤだという事です。

 

そして頭の「23」は、その年の何週目に製造されたかを記載してあります。

1か月は約4週間ですよね。

 

23を4で割ってあげると、5ヶ月+3週という事になります。

つまり、5月の3週目に製造されたタイヤという事です。

 

車関係で働いていないなら、ここまで詳しくなる必要はないかもしれませんが、せめて年くらいは分かるようにしておきたいものです。

 

まとめ

今回は、タイヤの劣化状態の確認方法から、年式、サイズの見方を説明していきました。

 

タイヤの劣化状態を、溝だけで判断するのはとても危険です。

タイヤを見る時は、溝とひび割れの2か所をチェックしましょう。

 

また、サイズや年式の見方を覚えることにより、カーショップなどでタイヤを探す、もしくは交換時期を確認する手助けにもなるのではないでしょうか。

 

タイヤの性能は昔に比べ、かなり向上しています。

しかし、タイヤが原因として起こる事故は、年々増加の傾向をたどっています。

 

その原因は一概には答えられませんが、原因の一つとして「セルフのガソリンスタンドが増えたから」だという意見もあります。

昔はセルフのガソリンスタンドが、今よりもずっと少なく、有人スタンドがメジャーでした。

 

しかし最近では、ガソリンの価格が上がったためか、人手不足のためなのかセルフスタンドが激増しています。

今まで、有人スタンドでサービスとして行っていたタイヤチェックを、ユーザーが自分自身で行わなければならない時代です。

 

しかし、自分でタイヤのチェックをできる人は少なく、タイヤが劣化していて危険な状態でも、気づかずに使い続けてしまい、事故につながっているのではないかと言われています。

それだけ、タイヤの知識が一般の人に浸透していないという事であり、ユーザー自身も愛車の状態を人任せにできない、転換期が来ているのではないでしょうか。

 

事故を起こしてしまっては遅すぎます。

事故を起こさない為にもタイヤのチェックをしっかりと行い、安全で快適なドライブを楽しみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。