ルイス・ハミルトンの歌とは?問題発言でわかった性格とは?年収や資産も

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク
そろそろF1のシーズンが始まりますね。
最近はボクシング記事書いていたのでそろそろF1の記事も書いていこうと思います。
今回紹介するのはルイス・ハミルトンという選手。
とてもキュートな愛犬を飼っている選手です。
2016年には1位のニコ・ロズベルグとわずか5ポイントという僅差でランキング2位として終わった現在最も注目している選手です。
F1の選手なんですが、インスタに自作の歌をあげるなど次は歌手になるのではないかと噂されています。
その気になるハミルトン選手の歌の紹介や、問題発言についても調べてみました。

ルイス・ハミルトンの歌?

ハミルトン1
「若いとき音楽にすごく情熱を持ってたんだ。13歳でギターをプレイし始めたんだよ。スタジオにいると自分自身になれる。無防備でいられ、普段みんなが見ることのない僕の別の面を披露することができる」
アメリカの番組に出演したハミルトン選手が自宅のスタジオでこう話しました。

自身のインスタグラムでもピアノを弾いている動画をアップしており、ファンの人たちにシェアしたいとも話しています。

ピアノを弾いている姿も魅力的ですね。
最近ではレースの練習以外はスタジオで曲を作っているんだとか。
2016年にいい成績を残せたのも音楽で緊張感を上手くほぐせたのがいい影響になったのではないでしょうか。
歌手としてデビューするのもそう遠くないかも?

ルイス・ハミルトンの問題発言とは?

ハミルトン2
ご存知の方も多いかもしれませんがハミルトン選手は話題に困らない選手の一人なのではないでしょうか。
問題発言で検索してもたくさん出てくる・・・。
その中でも話題になった2つの発言について取り上げたいと思います。
その前にまず紹介ですね!

ルイス・ハミルトン
ハミルトン9
国籍:イギリス
生年月日:1985年1月7日
所属チーム:メルセデス
出走回数:188回
車番:44

その他にも優勝回数53回、ポールポジション61回と実力の高さが分かる成績です。
2007年にデビューし当時の史上最年少でF1ワールドチャンピオンを獲得
「F1史上初の黒人ドライバー」「アイルトン・セナの再来」などとも言われた天才的な才能を持つ選手です。
軽率な発言や行動などで批判されることも多いのですが、それ以上に実力がある選手であり派手な私生活も含め人気もあります。

F1参戦当初は父・アンソニー・ハミルトンがマネージャーとしてほぼ全てのグランプリに付き添っていました。
アイルトン・セナに強い憧れがあったようでヘルメットカラーデザインもセナとよく似たものを使用していますが、黄色いヘルメットにした理由に「パパが見つけやすいように」と可愛い一面もあったようです。

話を戻しますが、特に話題になった発言が2つあり1つは人種差別発言ととらえられたもの。
そしてもう一つがミハエル・シューマッハに対しての失礼な発言。

人種差別発言

ハミルトン3
2011年6月29日に行われたモコナグランプリでの出来事。
ハミルトン選手が運転していたマシンがウイリアムズのマシンとレース終盤に接触。
ウイリアムズのパストール・マルドナードはリタイアを余儀なくされ、ハミルトン選手には20秒加算のペナルティーが科されました。
その後のインタビューでジョークとして「ペナルティーを科せられたのは自分が黒人だから」だと発した発言。
マクラーレン側はすぐハミルトン選手に発言を撤回して謝罪するように命じました。

嫌みも少し含まれていそうな発言ですね。
ハミルトン選手自身も黒人だからと嫌な思いをした経験があるのでしょう。
オバマ大統領の時も初めての黒人大統領とすごく話題になっていましたが、21世紀にもなって肌の色で差別する時代遅れの意識は早く捨てるべきです。
黒人だから話題にするのもある意味差別的な要素が入っているのではないかと思います。
大事なのは肌の色なんかではなく、その人自身がどういう人間かということですよね?

それだけ根深い問題なんだというのが分かります。考えさせられます。

ミハエル・シューマッハ発言

ハミルトン4
この発言は2014年に発せられた発言のようです。
2013年にシューマッハはフランスでスキーをしている最中に転倒し、岩に頭部を打ち付けひん死の重傷を負いました。
その後病院に搬送され現在も意識を取り戻していない状態が続いています。
F1ファンの方にはとてもショックな出来事のひとつなのではないでしょうか。

そんなシューマッハに対しハミルトン選手は
「この世の中で起こるすべての出来事には理由があるような気がする。今回のミハエルの身に起こったことは、彼がこれまでに経験してきた出来事の中で最もよく彼の人格と人間性の深い部分を表していると思う」と発したコメント。
これは批判されて当然ですね。
自分がひん死の状態の時こんなこと言われたくないです。

しかしハミルトン選手以上にシューマッハも話題性のある選手。
シューマッハのレースに対する姿勢も賛否両論があり、批判的な意見も少なくないのでしょう。
もしかしたらハミルトン選手もシューマッハのレースの仕方が嫌いだったのかもしれないですね。

ハミルトン選手が発した「起ったことは、彼の人格を表している」というコメントみなさんならどう捉えます?
普通だったら今までの行いの罰が当たったというコメントにとらえると思うのですが、本当の真意は「ミハエルシューマッハは必ず立ち直る」という意味なのでは?という意見もあるようです。
実際どっちの意味かというのは本人しかわからないことですが、僕は後者だと信じています。
自分の気持ちに素直なハミルトン選手が正々堂々とF1の世界で戦ってきた相手に対して敬意を払わないわけないです。

スポンサーリンク

ルイス・ハミルトンの性格は?

ハミルトン5
ここまでハミルトン選手の言い部分も悪い部分も紹介してきました。
個人的に感じたハミルトン選手の性格を書きたいと思います。
友達ではないので間違っている部分はスイマセン。

かなりの負けず嫌いということは間違いないです。
F1選手やスポーツ選手など他の人と競う職種の人はほぼこういった性格の人ばかりなのではないでしょうか?
昔からお金などで困ったことはないだろうし、ハミルトン選手は小さいころからカーレースの高度な教育を受けておりしかも才能がある為、いろんなレースで勝ち続け自信はかなりあると思います。
そういう人は傍から見ると「わがまま」「強引」「自信満々な態度」という風に映のではないでしょうか。
長所とも取れてしまいますが、逆に言えばわがままとは自分をしっかり持っている。
強引も同じ感じですよね。先を見据えることができている為、どうすればよくなるかが分かっている為多少強引に感じる部分もあると思います。
そして自信満々な態度というのも、勝つうえでは最低限必要な部分のはずです。
逆に自信のない状態でレースに挑んでどうするの?って思えてしまいます。

結果を残している選手は人より抜きん出て闘争心が強いのではないか?と考えます。
その証拠にアイルトン・セナやミハエル・シューマッハも「性格に難あり」などと批判は尽きませんでした。
ハミルトン選手の数々の問題発言。
批判的にとらえるのは簡単ですが、逆に自分の気持ちにとても素直な性格だと思います。
だから思ったことがすぐ口に出てしまうのかもしれないですね。
周りの状況を見て当たり障りなく発言するのも大事ですが、こんな批判も恐れない人間も、いていいんじゃないかと感じました。

ルイス・ハミルトンの年収や資産

最後に軽くハミルトン選手の年収と資産をご紹介します。

年収

2016年に発表された「2016年度版世界スポーツ選手の長者番付」ハミルトン選手は11位でした。
ハミルトン6
さすがセレブの競技ですね。
賞金額もでかい!
ボクシング記事も書いているので桁の違いにびっくりです。

ちなみに2016年度の1位はサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドでした。
ハミルトン7
約2倍の差!!

資産

ハミルトン8
ハミルトン選手の資産気になりますよね?
なんと英国スポーツ長者番付で3年連続資産1位でした!
サンデー・タイムズの長者番付によると、ルイス・ハミルトン選手は英国で最も裕福なスポーツマンとして名前があげられました。
彼の推定資産は1億1000万ポンド(約176億5000万円)

月とか簡単に旅行行けそうですね。
メルセデスとの3年契約とボーナスのおかげで資産が急増したようです。

今回はハミルトン選手についてありのままを書いてみました。
もしかしたら僕の記事を読んでハミルトン選手ってこんな人だったんだ!と思った方もいるかもしれません。
しかし人間いいとこばかりではないですし、いいとこも悪いとこも全て知ってもらった方がさらに応援に熱が入るのではないかと思ったため記事にしてみました。
今年はライバルでありチームメイトのロズベルグがいないので、ぜひランキング1位を目指して走ってもらいたいです。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。