フェルスタッペンは雨レースの天才?しかし無免許?生意気だから嫌いだとの声も

この記事は5分で読めます

スポンサーリンク
こんばんは。おーーたです。

昨日youtubeで釣りの動画見てたんですが、ある動画で40cm以上あるのアジを釣っている動画を見てとてもうらやましかったです。

もはやアジじゃない。

今日はF1のドライバーであるマックス・フェルスタッペン選手についてご紹介します。

現在19歳とF1ドライバーの中でランス・ストロールに次いで若い選手。

ランス・ストロールについて知りたい方はこちらもどうぞ!
ランス・ストロールはペイドライバー?ウイリアムズから参戦!父のローレンスも紹介

F1マシンは自由自在に乗りこなすフェルスタッペン選手ですが、年齢の関係もありまだ自動車の免許を持っていないんだとか。

そしてフェルスタッペン選手と言えば雨に強い!

2017年の中国GPでは路面が濡れて走りづらい中9台のマシンをごぼう抜きするなどレーシング技術の高さを見せてくれました。

フェルスタッペンは雨に強い?アイルトン・セナのような走りとは

初めはいつものように少しフェルスタッペン選手をご紹介します。

フェルスタッペン選手

マックス・フェルスタッペン
フェルスタッペン14

国籍:オランダ
生年月日:1997年9月30日
所属チーム:レッドブル
出走回数:46回
車番:33

父親は元F1ドライバーの「ヨス・フェルスタッペン」。

母親はカートレーサー。母型の祖父はGT耐久レースの元ドライバー。

叔父もGTレースやル・マン24時間レースに出場したレーシングドライバーという家族構成。

4歳の時にカートレースを開始。オランダとベルギーを中心に活動を始める。

カートレースを始めるのはみんな早いですがレースを意識するのがとても早い。

さすがレーサー一家って感じですね。

デビュー戦では史上最年少出走を記録し、マレーシアGPでは予選6位から7位フィニッシュし最年少入賞も記録しています。

アイルトン・セナ再来?

フェルスタッペン10

冒頭文にも書きましたがフェルスタッペン選手は雨にとても強い選手です。

2017年に行われた中国GPでは16番グリップから出走したにもかかわらず3位まで浮上。

開始からわずか2分ほどで9台抜きという神業を見せてくれました。

開始は16番から
フェルスタッペン1

最初のカーブですでに3台抜き
フェルスタッペン2

2分ほどで7位まで浮上しています。
フェルスタッペン3

わずか19歳の選手が偉業といっても過言ではないドライビング技術をもっていることが分かります。

今は亡きアイルトン・セナも雨のコースに強い選手でしたが、セナ再来のような走りを見せてくれました。

アイルトン・セナについて知りたい方はこちらもどうぞ!
アイルトン・セナの運転は神?電通による音と光の映像って?テーマ曲も

路面が濡れているコンディションの中コーナーを攻める走りはすごいとしか言いようがないい。

他の選手がクラッシュを心配し減速する中フェルスタッペン選手はぎりぎりまでスピードを落とさずコーナーに入ってきます。

路面やタイヤのコンディションを正確に把握している証拠ではないでしょうか。

このレースについてフェルスタッペン選手は

「雨の方がオーバーテイクは簡単だよ。」

もし濡れた路面でのスタートでなければどこでフィニッシュしていたのだろうか?という問いに

「3位じゃないのは確かだね。多分、6位くらいかな・・。」

と濡れたコンディションが得意だというコメントも残しています。

この長所をもっともっと伸ばしてもらいたい。

ちょいメモ(F1のタイヤ)

フェルスタッペン11

F1のレースを見ているとよくピットインしてタイヤの交換をしてる様子を見ますよね。

なぜそんな頻繁にタイヤを交換しなければならないのでしょうか?

その理由は2つあります。

1つはF1の規定でレース中原則として各ドライバーは少なくとも2種類のドライタイヤを使用しなければならないとある為。

つまり1レース必ず1回はタイヤを交換してね。ってことです。

2つ目はF1に使われるタイヤは「レーシングスリックタイヤ」といい、市販乗用車に付けられたタイヤとは全く異なります。

このタイヤは摩擦により熱が発生すると簡単に溶けドロドロネバネバになってしまいます。

このネバネバのお陰で急な加減速や高速なコーナーリングが可能。

普通のタイヤでは摩擦力が足りないってことです。

摩擦力が強いという事は摩耗も激しいという事。

どんどん薄くなり最悪パンクをしてしまうことも。

だから頻繁にタイヤを交換する必要があるという事ですね。

タイヤについてはこれだけでは書ききれない為次回F1の記事を書いたときにまたちょいメモとして説明したいと思います。

フェルスタッペンは無免許?

フェルスタッペン9

僕もびっくりしたんですがフェルスタッペン選手がデビューするとき自動車の免許をまだ取得していませんでした。

確かにデビューしたときはまだ17歳ですもんね。

オランダでも日本と同じように18歳からじゃないと車の免許をとらせてもらえません。

車の免許ないのにF1のレースに出てマシンを運転してもいいのか?という疑問も残りますが、公道を走るのとレースに出場するのは意味が全く違ってきます。

レースに出る為には必要なライセンスを競技団体から取得していれば、無免許であろうがレースに出場できる。

史上最年少でデビューしたこともあり、無免許だという事もかなり話題になり風当たりも強かったようです。

フェルスタッペン選手が悪いわけではないのに辛い思いをしたことでしょう。

しかし普通免許を持たない少年のF1デビューに多くの議論がなされ、FIAはスーパーライセンスの取得条件についての規約を変更。

新たに決められた基準

カナダGP9

  • 有効な運転免許を所持していること
  • 最低でも18歳以上

この2つが2016年から新たにスーパーライセンス取得条件として加えられました。

今後フェルスタッペン選手の史上最年少という記録を塗り替えることは不可能となり永久的に史上最年少という記録を持ち続けられます。

F1があり続ける限りある意味ではもう歴史に名前を残したってことですね。

スポンサーリンク

フェルスタッペンのマシンさばきは天才

フェルスタッペン12

フェルスタッペン選手は雨に強いと先ほども書きましたが、2016年に行われたブラジルGPでも神がかりのドライビングテクニックで観客を魅了しています。

この日のサンパウロはかなりの降水量で雨用のウエットタイヤも機能しないほど。

クラッシュやスピンが続く中雨コース支配者のフェルスタッペン選手が伝説を残してくれました。

まず3番手のキミ・ライコネンを1コーナーで
フェルスタッペン4

そして2番手のニコ・ロズベルグを通常の抜きどころとは言えない3コーナーで抜いています。

コーナー中どんどん近づいていき・・・
フェルスタッペン5

一気に突き放す!
フェルスタッペン6

途中スピン寸前の場面もありましたがなんとか持ちこたえ。

レースエンジニアもこの表情。
フェルスタッペン7

すこしタイヤの選択ミスがあり16番まで後退してしまいますが、13台を抜き返し最後はガッツポーズ!
フェルスタッペン8

キミ・ライコネンの記事はこちら!
ライコネンは現役最速だとわかっている?愛称は?復帰後は笑顔も!

ニコ・ロズベルグの記事はこちら!
ロズベルグの性格は?ベルギーでの追突は故意?5連勝してドヤ顔!

奇跡とはこのことではないでしょうか。

レースの中にドラマがありますね。

感動しました!

フェルスタッペンは生意気だから嫌い?

フェルスタッペン13

YAHOO!知恵袋でこんな質問を見つけました。

ID非公開さん

「私はマックス・フェルスタッペンが嫌いだ。
私はマックス・フェルスタッペンに対してネガティブな感情しか持って居ない。
私はマックス・フェルスタッペンがF1界からさっさと消える事を望む。
私はあのマックス・フェルスタッペンのような生意気小僧の世間知らずな奴が大嫌いだ。

皆さんはマックス・フェルスタッペン好きですか?嫌いですか?理由も教えて下さい。」

この問いに対したくさんの回答が寄せられていました。

  • 好きではない。
  • ドライバーの発言が気に食わない。
  • 2世ドライバーは何人かいたが実力と存在感で親を超えた2世はいなかった。しかしマックスだけは間違いなく超える。
  • 生意気さにも程度がある。
  • ああいう生きのいい奴は好き。
  • この先のF1界を変革していくように感じられる。

などなどの回答がありました。

フェルスタッペン選手は好き嫌いが極端に分かれる人物のようです。

発言問題やドライビング方法についてはかなり問題視されており嫌いな方も少なくないと思います。

僕自身まだ19歳という事もあり自分自身の発言に対しどこまで影響力があるのかという事が分かってないのではないかと感じます。

レースでのドライブ方法にしてもどうしても抜かしたくなかったから危険を承知でマシンの前に出る場面も。

今はまだこの威勢の良さ(生意気とも取れますが)があった方がいいと思います。

こういう選手は必ずメディアやF1のファンの方々から叩かれるし、そしてフェルスタッペン選手自身も叩かれたからこそ分かることもきっとあるはず。

人間きれいごとだけでは一生成長しないと思います。

大失敗してなんぼですよ。

失敗して器の大きい人間になってほしいです。

ただ一つ心配なのは無理なコース変更をして死亡事故が起こらないことだけを願います。

まとめ

雨のコースに対し異常なくらいうまい運転技術をもつフェルスタッペン選手。

この長所はかなり強い武器になるはず。

もっと伸ばしていって欲しいです。

フェルスタッペン選手の特徴でもある威勢の良さは今後どうなっていくのか楽しみだし、僕自身自分の発言を結構気にする方なんでこういう人に憧れてしまします。

威勢の良さはなくさないようにしてほしいな~。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。