vdt症候群の症状は頭痛やめまい?原因はブルーライト?厚労省の対策とは

この記事は5分で読めます

スポンサーリンク

こんにちは。

強い台風来ましたが皆さんのところは大丈夫でしたか?

今回はvdt症候群について書いていきます、

仕事する上で欠かすことのできなくなったパソコン。

プライベートでもスマホは無くてはならないものになりましたよね。

すごく便利になった時代ですが、その情報管理機器によって新しい症候群がたくさんでてきました。

vdt症候群はその中のひとつで、最近発症する人が増加中の注意が必要な症候群です。

厚労省も注目しており対策も立てています。

そんな厚労省の対策はどういったものかも紹介します。

vdt症候群とは?

vdt症候群3

 

vdt症候群という症候群が最近増えてきています。

先にこの症候群について説明しておきますね。

vdt症候群

まずVDTとは何の略かと言うと

Viisual Display Terminal(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)の略でパソコンなどのディスプレイや携帯電話の液晶画面といったディスプレイの事を指します。

これらの液晶画面を仕事などで長時間見続けることにより、目や身体・心に影響が出てくる病気。

別名「IT眼症」とも呼ばれています。

 

今の時代パソコンがないと何もできないですよね。

昔は小学校などの連絡網は電話連絡が基本だったんですが今ではメールで連絡する時代になりました。

次の人に連絡するドキドキは今ではもうなくなってしまいました。

そう考えたらここ数十年で世界はかなり進歩したと言えます。

現代人のパソコン使用率は?

vdt症候群4

仕事だと特にパソコンに依存しっぱなしではないでしょうか?

売り上げの管理やシフト制作・発注なんかもパソコン一つで何でもできてしまいます。

職種にもよりますが一般社員より管理職の方が使う頻度が高いようです。

vdt症候群1

 

これは厚生労働省が調べたVDT作業時間の割合です。

情報処理職は思った通りですが一般社員でさえ50%という数値が出てきています。

そしてプライベートでも20%前後と比較的高い数値ではないでしょうか。

僕の生活を考えても1日ずっとパソコンなどのディスプレイを見ない日はないです。

ブログを書いているというのを含めなくても、スマホを毎日必ず見てますから。

皆さんもそうじゃないですか?

vdt症候群の症状は頭痛やめまい?

グズ8

vdt症候群の症状と書きましたが結局は目の疲労によって身体や心に起こってくる症状のことです。

目が疲れてくるとその影響は体全体に及んできます。

症状(目)

  1. かすみ
  2. ドライアイ
  3. 見えにくい
  4. 物が二重に見える

症状(身体)

  1. 気分が悪くなる
  2. 肩や首の疲れ
  3. 腰痛
  4. 頭痛

症状(精神)

  1. 食欲不振
  2. イライラ
  3. 不眠
  4. 無気力

こんなにたくさん体への影響がありました。

精神面まで症状が出てきたら危険信号!

少しパソコンを見る作業を止めて休憩タイム!

vdt症候群5

スマホのゲームなんかも進化してきてたくさんの会社がありますよね。

ゲームをしていると分かるんですが、アップデートやキャラ変更を頻繁に行っています。

IT業界は厳しいし辛いとよく聞きますが、働いていない僕が見ても辛いだろうなっていうのはわかります。

パソコン上ですべての作業が行えるという利点はありますが、これだけたくさんの種類が出てきている今生き残る為には消費者が満足してくれるサービスをしていかなければ厳しいですよね。

キャラひとつ考えるのもかなり大変だと思います。

でもそういう方々がいるお陰で僕たち消費者が楽しめるアプリが増えたことは本当にありがたい!

話がそれてしまいましたが、これだけパソコンに依存する世界になってきているんだなって改めて実感しました。

スポンサーリンク

vdt症候群セルフチェック

vdt症候群6

ここではvdt症候群になる前に自分でチェックする為のチェック項目を紹介していきます。

vdt症候群チェック(症状編)

  1. 目が充血している
  2. 身体が重い
  3. 肩や腰が痛い
  4. 熟睡できない
  5. 食欲がない
  6. 意欲がわかない
  7. 頭痛がする

vdt症候群チェック(環境編)

  1. パソコン利用時間が1時間を超えている
  2. 不自然な姿勢での作業を行っている
  3. 画面に別の光(蛍光灯や太陽の光)が映る
  4. 同時に2つ以上の作業を行っている

チェック回数が多いほどvdt症候群に近付いている為注意が必要です。

症状はともかく作業環境は変えることができる為チェックが入った項目は改善していくことをおすすめします。

vdt症候群の原因は?

vdt症候群7

言うまでもなくパソコン作業を長時間続ける作業が原因です。

パソコンを使う際キーボードと液晶画面を交互に見ますよね?

その目の動きが目に負荷をかけています。

これにより大変疲れやすくなり集中することによって瞬きが極端に減ってきます。

目の表面が乾燥するとドライアイの原因になったり・・・。

目の疲労以外にも姿勢の問題もありますよね。

無理な姿勢を長時間続けていると肩や腰に負荷がかかり、肩こりや腰痛になりやすくなってきます。

あまり知らない人も多いかもしれませんが、目は自律神経にも関係がある為不安感やイライラ、ひどくなると睡眠障害などを併発してしまう場合も。

こちらの記事で自律神経と体の関係を説明しています。

ストレスが太る原因?厚生労働省がチェックを義務化!体への症状は?

パソコン作業をしているだけでこんなに体への影響があるなんて驚きです。

ブルーライトも原因のひとつ?

vdt症候群8

パソコンなどの易経画面から出る青い光を「ブルーライト」といいます。

この光は体へどのような影響があるかご存知ですか?

少量だと影響はないのですが、長時間作業を続け大量にブルーライトを浴びてしまうとその影響は無視できなくなってきます。

 

ブルーライト

人の目で見ることのできる光の中でももっとも波長が短く、強いエネルギーを持っている。

太陽光にも含まれているほかパソコンやスマホの液晶画面には特に多く含まれている

 

ではブルーライトを大量に浴びることで人の体はどんな影響が出てくるのでしょう?

ブルーライトが体に与える影響

ストレス13

人間は朝目が覚めて夜眠くなるようにできています。

そのリズムを整える効果がブルーライトにはあります

身体にいい影響だけでなく悪いこともあるわけで・・・。

過度にブルーライトに目をさらすことにより様々な悪影響があるようです。

紫外線を知らない方は少ないですよね。

紫外線を適度に浴びることは生きていくうえで必要なのですが、大量に浴びてしまうとガンの原因になったりします。

その紫外線の次にエネルギーが強い光がブルーライトです。

こうやって聞くと長時間浴びるのは危なそうだなって感じてもらえますか?

弱い光だと目の水晶体や角膜で吸収されますが、ブルーライトのような強い光は吸収されずに網膜まで届いてしまいます。

網膜まで届いてしまうと網膜の中心にある黄斑という部分が傷つき、目に強い痛みや目の裏がズキズキするような感覚も。

そして強い光をずっと見ていると眩しく感じることが多くなってきます。

そうすると瞳孔を縮めようとして目の筋肉を酷使。

目の筋肉を酷使することで肩や首の凝りが発症します。

体内時計もブルーライトによって狂いが生じてしまい、眠りが浅くなったり、寝つきが悪いなどの症状も。

肥満の原因も体内時計が乱れたことによって引き起こされてしまいます。

過度の接触は何もいいことないですね。

そしてそのブルーライトが一番多い機器はスマートフォンだという結果もでていました。

vdt症候群9

一番身近なものが一番影響与えるなんて・・・。

メールやゲームなどでスマホをよく触っているという方はこれをきっかけに触る回数を減らしてみてはどうでしょうか。

vdt症候群に対する厚労省の対策とは?

vdt症候群10

vdt症候群が社会問題にまでなってきたと言えるのではないでしょうか。

厚生労働省は「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」の策定についてこう書いています。

 

近年、マイクロエレクトロニクスや情報処理を中心とした技術革新により、IT化が急速に進められており、VDTが広く職場に導入されてきたことに伴い、誰もが職場においてVDT作業を行うようになり、VDT機器を使用する者が急速に増大している。

また、最近においてはノート型パソコンや携帯情報末端の普及、マウスなど入力機器の多様化、様々なソフトウエアの普及などに見られるよう、VDT機器などは多様化する現状にある。

このような状況の中、現状のVDT作業における問題点も指摘されており、労働省において平成10年に実施した「技術革新と労働に関する実態調査」によれば、VDT作業を行なっている作業者のうち、精神疲労を感じているものが36.3%、身体的疲労を感じているものが77.6%にも上っている。

このため、厚生労働省はVDT作業に関する専門家により構成された「VDT作業に係る労働衛生管理に関する検討会」を設置し、VDT作業における安全衛生管理のあり方について検討を行ってきたとことである。

今般、この検討結果を受け、VDT作業者の心身の負荷をより軽減し、作業者がVDT作業を支障なく行うことができるようにするため、新しい「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を策定した。

具体的な対策としては

vdt症候群2

こんな感じです。

要するに長時間連続作業させないように間に小休止をたくさん入れてあげてくださいね。

作業周辺機器にも気を配って快適に作業できる場所を作ってあげましょう。

健康診断の際も定期的に行ってください。

ってことです。

ガイドラインなので強制的な権限は全くありません。

結局個々の企業がどうするかによります。

しかし国がガイドラインを作るほど一般的になってしまった症候群だということです。

vdt症候群だと自覚がない方がほとんどだと思いますが、vdt症候群になっている人は少なくないはず。

最期に

青い鳥症候群14

快適になってきた現代ですが、それに伴い今までに聞いたことないような症候群がたくさん出てきましたね。

時代によってやはり病気も変わってくるということでしょう。

肥満が増えているのもIT業界が進歩しパソコンでの作業が増えた為ではないでしょうか。

仕事でどうしてもパソコンを長時間見ないといけないという方はこまめに休憩を入れる、パソコンを使う時の姿勢にも気を付ける。

今ではメジャーになったブルーライトカット眼鏡を使うなど工夫が必要です。

一番いいのは過度にパソコンやスマホを見ないことですが、今の時代難しいと思います。

正直「vdt症候群になったんで休みます。」って言って休ませてくれる会社なんかないんじゃないかと。

休めたとしても復帰した時には上司や同僚の冷たい視線しか返ってこないってことも。

だからこそvdt症候群にならないように予防するのが大事という事です。

そういう僕も液晶画面を毎日飽きもせずに見ていますが。

1日全くそういう機器に触れない日を作るのも大事なんじゃないかなって思います。

今度1年ぶりぐらいに3連休があるので高野山の方にでも行ってリフレッシュしてこようかな~。

この記事読んでいる方も休みくらいはそういう機器から離れて過ごしてみてはどうでしょうか。

大丈夫。あなたなら絶対できる。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。