出社拒否症 の原因は甘え?パワハラ?診断書はもらえるの?克服法を紹介

この記事は7分で読めます

スポンサーリンク

こんにちは。

この前久々にバイクのチェーンを洗ったんですが、すごく汚くてびっくりしました。

定期的にメンテナンスしないといけないですね。

前回は帰宅拒否症について記事書いたんですが、今回は出社拒否症について書いていきたいと思います。

帰宅拒否症についての記事はこちら!

帰宅拒否症は一人暮らしや子供も罹る?改善方法は?重度になれば吐き気も

どこの会社でもあるのですが初勤務から数日で急に来なくなる社員。

僕の会社ではそういうことを「飛んだ」っていうんですがホントに困りますよね。

こういう人もある意味出社拒否症なんではないでしょうか。

出社拒否症になる原因はさまざまだと思いますが、なぜそうなるってしまうのかも考えてみました。

そして克服方法もご紹介していくのでぜひ最後まで読んでみてください!

出社拒否症とは?

出社拒否症6

仕事に行けないって死活問題ですよね。

出社拒否症の定義は身体的な病気がないのにも関わらず出社する際腹痛や頭痛などの拒否症状がでる病気。

出社困難症とも言われ、身体はいたって健康な為「心の病気」に当てはまります。

学生の登校拒否と同じ病気です。

休みの日には元気なんですが出勤や登校しないとと考え始めるとその症状が現れてしまいます。

出社拒否症2

出社拒否症3

ツイッターなんか見てても出社拒否症の方は多そうですね。

真面目に今まで出勤していた人が急に出社拒否症になることも多く、一緒に働いている方からしたらビックリなのではないでしょうか。

出社拒否症の症状

出社拒否症8

出社拒否症になったらどういった症状が出てくるのでしょうか?

症状についてまとめてみました。

  1. 頭痛や腹痛
  2. 耳鳴り
  3. 手の震え
  4. 食欲がない(出勤時)
  5. めまいや動機
  6. 朝ダラダラしてしまう

症状は人によりさまざまです。

出社拒否症1

しかしすべての症状に当てはまるのは症状が出ているのは全て出勤時だという事。

こういう症状は病院に行っても治りません。

身体は健康なわけですから。

完全にストレスから来ている症状です。

一緒に働いている人も急に会社の人が来なくなったら驚くかもしれませんが、それ以上に出社拒否症になった本人も戸惑っているはずです。

普通に生活していて手が震える事なんてないですよね。

手が震えるときってすごく怖い時じゃないでしょうか。

幽霊を見たとか、命の危険にさらされたときなど。

出社拒否症の方はそれくらい会社に対して恐怖心を抱いていると考えられます。

克服するためにはその恐怖心を取り除く必要があり詳しくは後に書いています。

出社拒否症の原因は?

買い物依存症6

ずばり原因は仕事に対するストレスです。

ストレスの記事はこちら!

ストレスが太る原因?厚生労働省がチェックを義務化!体への症状は?

傍から見ると出社拒否症なんて甘えだと思われるかもしれませんが甘えだけではなさそうです。

一言にストレスと言っても人によってストレスの受け方には違いがありますよね。

どういったストレスのタイプが多いのか調べてみました。

挫折感によるストレス

出社拒否症7

今まで問題なくバリバリ仕事をしていた人が急に出社拒否症になるとこがあります。

その原因は完璧に仕事をこなしたいという思いが強すぎて些細なミスでも大げさに受け取ってしまい、一気に自信を喪失してしまう為。

有能な人に多い症状です。

仕事に対してのストレス

青い鳥症候群5

自分の能力以上の仕事をたくさん引き受けてしまいひとりでストレスを抱え込んでしまう状態。

その他にも上司や部下との板挟みになり人間関係に対しストレスを抱え込んでいる場合も。

職場への恐怖

出社拒否症9

世間にはいろんな人がいて一つの事柄に関しても様々な捉え方がありますよね。

対人関係に関する恐怖がある人、通勤で使う電車に対して恐怖がある人、仕事そのものに対し恐怖がある人。

あまりにも恐怖が大きすぎて出勤できないという状態に陥ってしまう人が多いようです。

最近ではパソコンに対し恐怖を感じている中高年者も少なくありません。

こうやって見ていくと出社拒否症になる為に十分なほど原因がありました。

仕事大好きって人は少ないでしょうが、ここまで行くと転職した方がいいのではと考えてしまいます。

何で読んだかは忘れましたが、今の若者は昔に比べ使えるお金が少ないという話を聞いたことがあります。

確かにバブル時代に比べると就職先も少ないですし、機械で何でもできてしまう今作業的な仕事の方なんか生活できるギリギリの給料しかもらってない人は多いのではないでしょうか。

昔ならばバリバり働いて、いい車買って、いい女つかまえていい暮らしをしようと頑張ることができたんだと思います。

それに比べ今は不況だ不況だと言われて頑張っても意味がないという考えの若者が増えてきているという話です。

確かに中高年の方に今の若いやつはやる気がないなんて言われたりしますがそうなるのも仕方ない。

そういっても今の中高年者の方も不況の時代を生き抜いてきているので何とも言えないですけど・・・。

サンドイッチ症候群6

僕が感じるのは全体的に見たらやる気や出世欲がある若い人は少ないとは思いますが、中にはバリバり働いて出世してやろうとやる気がある人もたくさんいます。

やる気の差の幅が開いてきたんではないかと。

そこそこやる気のある人間が少なくなったんではないでしょうか。

やる気がないから出社拒否症になるとは思いませんが、生活できるだけの給料があればいいし、仕事もある程度迷惑かけない程度で頑張ればいいかと考えている人が人間関係や仕事に対しストレスが溜まりやすいのかもしれません。

そして出社拒否症になってしまうという連鎖?が起こっているのかも。

全員が仕事に全力投球なんてできませんよね。

スポンサーリンク

甘えやパワハラも原因のひとつ?

出社拒否症10

出社拒否症周りから見ると甘えていると感じられることもあると思います。

実際甘えなのかと聞かれると、個人的には違うと思います。

甘えだけならば体への症状は出ないはず。

そして甘えで出勤しない人は出社拒否症という「心の病気」にかかる前に仕事辞めます。

出社拒否症の方は出勤できない事に対し苦しんで、仕事などに対しストレスがあるうえ出勤できないことに対してもストレスを感じて体への影響がきているのではないでしょうか。

つまり2つの事でストレスがかかってしまっているという事。

なぜかというとそれは心の病気だという事を自覚していないからです。

プライドで自覚できないのかそういう心の病気があるというのを知らないのかは分かりませんが、まず心の病気だという事を受け入れないと前へ進むことができません。

受け入れたうえで精神科へ行くなり自分で対処するなり行動を起こさないと!

辛いかもしれませんが焦らなくてもいいので少しずつ前進していきましょう。

出社できなくなった理由はいろいろあると書きましたが理由の一つにパワハラがあります。

 

パワハラとは

パワーハラスメントの略。

同じ職場で働く者に対し、必要以上に精神的・身体的苦痛を与える行為。

上司から部下だけでなく、部下から上司へのパワハラもある。

 

最近よく聞くようになったこの言葉いろんな会社で問題になってますよね。

出社拒否症4

こんな酷い嫌がらせをされているところもあるようです。

度を越えた嫌がらせは受けている本人だけでなく関係ない人まで嫌な気分にさせます。

加害者の人は嫌がらせが酷ければ酷いほど人間としての器が小さいという事が分かるので、自分自身の価値を下げるだけですよ。

仕事関係の人間でもそんなに嫌なら必要最低限の関りだけしてほっとけばいいと思いますけどね。

出社拒否症になった時診断書はもらえるの?

出社拒否症11

出社拒否症になり病院に通っても診断書がもらえないんじゃないか?って思っている人は多いんじゃないでしょうか。

診断名は出社拒否症ではないですが診断書を書いてもらう事は可能です。

しかし誤解しないでほしいのは精神的に追い込まれているのとうつ病などの病気は全く違うという事。

注意するところはいくら自分が精神的に辛いからうつ病だと感じても担当の医師がうつ病ではないと判断すれば診断書を書いてはくれません

YAHOO!知恵袋に丁度いい投稿を見つけたので書いておきます。

出社拒否症12

質問

精神科の医師に診断書を書いてもらおうと思ったのですが・・・

職場で相当なストレスを受け精神的に追い込まれている状況で、今すぐにでも退職をしたいと思っています。

そこで、精神的に追い込まれている状況の証拠として医師に診断書を書いてもらおうと市立病院の精神科に行き現状を話して診断書を書いてもらおうと思ったのですが、

「医師は会社からの要求がないと診断書は書けません。まずは、ストレスの原因になっている人物や職場の周りの人と話し合ってみてはいかがでしょう。」

と軽くあしらわれてしまいました。

ストレスの原因となる人物や職場の周りとの話し合いなんでできればやっていますが、できないから困っているんですが。

診断書は本人の意向だけでは書いてもらうのは無理なのが普通なんでしょうか?

それとも、担当する医師によって診断書を書いてくれる人もいれば書いてくれない人もいるのでしょうか?

そのあたりがお分かりの方、教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

この質問にたくさんの回答がありましたが、投票によって選ばれたベストアンサーにはすこし厳しいコメントが書かれていました。

回答

まず,「医師は会社からの要求がないと診断書は書けません。」

という言い分は誤解を招くものかもしれません.

しかし,なぜ医師がこのように述べたのかについては質問者様もよくお考えになる必要があると思います.診断書を書くには少なくとも病名が必要です.医師はおそらく病名を見いだせなかったのでしょう.

そもそも退職するために診断書は必要ではありません.診断書が必要になるのは,例えば質問者様がこの退職に際して何らかの原因を会社側に求められて,その補償を要求されるときでしょう.さもなければ,辞表をお書きになってそれですべて終わりではありませんか.

【追記いたします】
他に回答なさっている方の中にずいぶん甘い言葉を使われる方がいらっしゃるので、わたしはあえて厳しい言葉をお贈りします。

あなたは、別に「うつ病」であるという診断を受けたわけでもないのですね。「ストレスで精神的に追いこまれた」方は世の中に大勢いらっしゃるでしょう。しかし、ただ「精神的に追いこまれる」のと「うつ病」などを発症するのとではまったく違います。あなたは現にうつ状態で苦しんでいらっしゃるのですか。その苦しみを本当に味わっていらっしゃるのですか。

「精神的に追いこまれた」くらいで精神科を利用しないでください。鬱憤を晴らすために診断書を叩きつけて辞めたいのでしょう。そういうあなたの考え方が根本的に間違っているから、医師からあしらわれるのです。

あなたのご質問は、率直なところ不愉快です。

 

すごく大事なこと書いています。

まず出社拒否症という正式な病名はありません。

いくら自分で出社拒否症だから診断書が欲しいと思ってもそれは精神的に病んでいるだけで、うつ病などの病気ではないという事です。

そして1度病院に行ったからと言って診断書を出してくれるわけではありません。

出勤できないもしくはしたくない理由をすぐに病名として捉えるのはあまりにも軽率すぎます。

診断書をもらうのはそう簡単なものではないという事を知っておいてください。

精神科の先生に嘘の症状を言って診断書もらう人が増えてきているのも現状です。

そんな人がいるから診断書もなかなか書いてくれない状態になっているのではないでしょうか。

出社拒否症の診断名は?

サンドイッチ症候群8

出社拒否症という病名はないと書きましたが、では診断書を貰う際何という診断名になるのでしょうか?

症状によって変わってきますが、「適応障害」というのが多く会社に提出し辞める際にはかなり便利な言葉のようです。

 

適応障害とは

特定の状況や出来事がその人にとってとてもつらく耐えがたい状態。

その為気分が憂うつになったり、不安感が強くなるため涙もろくなったり、神経が敏感になったりする。

ストレスの原因がはっきりしている為、原因から離れると症状は改善される。

 

会社に適応障害の診断書を出す場合、この会社の環境がストレスの原因だと言っているようなものです。

環境が変われば改善されるため退職する際に提示する人が多いようです。

診断書を出したからと言って辞められるわけではないことを知っておいてください。

あくまで辞めるのは自分の意志であり、診断書があろうがなかろうが辞めるという事をはっきりさせないとただ部署移動だけで終わる可能性もあります。

診断書もタダでもらえる訳ではないので会社に提出する際はそれ相応の覚悟を持って提出しなければなりませんよ!

個人的に会社を辞めるとき診断書なんかいらないと思いますが・・・。

うつ病になっていない方も辛いとは思いますが、精神病じゃないことをなぜ喜ばないのかが不思議です。

診断書の料金は?

小國以載7

診断書は健康保険適用外であり病院各々が自由に金額を決めることができる為、実際の料金を知りたければ通う病院に直接聞くしかありません。

目安としては会社提出用で3000円~5000円

保険会社提出用で5000円~7000円になります。

決して安い金額ではないですよね。

どうしても診断書が欲しいという方は参考にしてみてください。

出社拒否症の克服方法

出社拒否症5

克服方法は心身の疲労を回復するためしっかり休養することが大事です。

症状がひどい場合には精神科に行き抗うつ剤を服用することも視野に入れておいてください。

こちらの記事で抗うつ剤について書いています!

サンドイッチ症候群の意味とは?かかりやすい時期は壮年期?対策や治療も

励ましたりするとさらにプレッシャーがかかり逆効果になってしまう事もある為、家族の方は暖かく見守ってあげるようにしましょう。

出社拒否症出ない方も最近出勤するのが憂うつだなってときは、思い切って長期休暇をとってみましょう。

そして症状が改善されなければ転職も考えるべきだと思います。

真面目で責任感の強い方がなりやすい為、転職という考えが浮かばないかもしれませんが症状が改善されないならば転職を考えるのもひとつの手です。

とにかくストレスをうまく発散することが重要です。

最期に

青い鳥症候群12

出社拒否症なんて甘えだと思っている人はたくさんいるかもしれません。

しかしそれ以上に出社拒否症になってしまった本人が甘えで出勤できない自分が情けないと思ってしまっていることの方が多いようです。

出社拒否症は決して甘えではありませんし、しっかりとした治療が必要な心の病気です。

そんなに自分を追い込まずに「今は心の休養のタイミングなんだな」と割り切って休養するようにして下さい。

いくら精神科に通って抗うつ剤もらっても自分の心が疲れてしまっていることを自分自身が分かってあげないと治るものも治りませんよ。

心の病気でよくしてしまうことですが、他の人と比べることが一番無意味。

上には上がいるし下には下が必ずいます。

大事なのは昨日の自分よりも今日の自分が良くなっていること。

もっと自分を大切にしてあげてください!

人間や動物は生きているだけですごいんですから。

大丈夫。あなたなら絶対できる。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。