テクノストレス の意味は?症状は不眠や肩こり!解決法やチェック方法も

この記事は5分で読めます

スポンサーリンク

こんにちは。

昨日初めて1日のPV数が1000を超えててびっくりしてます。

やっぱりたくさんの方に見てもらえたと思うと嬉しいですね。

今日はテクノストレスという病気の記事です。

VDT症候群のようにパソコンが関連した病気であり、かかってしまうと不眠や肩こりなど日常生活にも影響が出てきてしまいます。

今回はそんなテクノストレスとは何かについてと、解決策も調べてまとめてみました。

テクノストレス とは?

テクノストレス4

まずテクノストレスは一体何なんでしょうか?

初めて目にする方も多いと思います。

テクノストレスとは

1984年にアメリカの臨床心理学者「クレイグ・ブロード」が名付けた疾患。

コンピューターを扱う事が原因で起きる精神的な失調症状の総称。

技術が変化していくことが原因であり、適応を必要とした際ストレスを増加させテクノストレスにかかってしまう。

研究者はテクノストレスを「新しい技術に健全に適応することができないことによって引き起こされる近代的な適応疾患」と定義。

一般的に「テクノ不安症」「テクノ依存症」の2つに分かれる。

現代ではパソコンがないと何もできない世の中になってきましたね。

便利な反面、急激な技術の変化により適応できない方もたくさんいます。

僕の両親も「スマホが良くわからん」といって未だにガラケーを使ってます。

ではテクノ不安症と依存症について説明。

テクノ不安症

テクノストレス3

コンピューターに適用しようとする際のあがきが原因で発症。

コンピューターを使う日常に適応しようとするプレッシャーによりストレスを感じ、動機や息切れ、吐き気などの症状を伴う。

パソコンやスマホなしでは生きていけない世の中になってしまいましたね。

僕自身ブログを書かさせていただいてますが、パソコンやスマホの扱いに自信はないです。

ツイッターやフェイスブックもアカウント作ってますが、いまいち使いこなせてないですからね。

でも今書いた記事をフェイスブックに投稿する方法を勉強中です。

頑張って投稿してみようと思います。

テクノ依存症

テクノストレス5

コンピューターに没頭しすぎることで現れる失調症状。

コンピューターがないと不安にかられたり、人付き合いを煩わしいと感じてしまう。

症状としては自分の限界が分からなくなる、時間の感覚がなくなる、曖昧さを受け入れられなくなる、などがある。

これだけ見ると不安症よりも依存症の方が問題ありそう。

パソコンに適応できなくても適応できても病気にかかってしまう難しい世の中ですね。

一番いいのは適度にパソコンと関わっていくことですが・・・。

そんな理想的な状態に本当に実現できるのでしょうか?

テクノストレス の症状

テクノストレス1

  • 目の乾き・疲れ
  • 集中力の低下
  • 肩・首の凝り
  • 疲労感・だるさ
  • 頭痛
  • コンピューターへの拒絶反応
  • 不眠
  • 抑うつ状態

などがあげられます。

自律神経にも影響してくるので鬱などの症状になることも。

自律神経に関してはストレスの記事に書いています。

ストレスが太る原因?厚生労働省がチェックを義務化!体への症状は?

不安症と依存症によって症状の違いはありますが、どちらも体へいい働きはしません。

精神的にストレスを感じるのはどちらも同じであり、今では仕事から離れてもスマホなどで情報を調べることは簡単ですよね。

研究者によると夜中にスマホやパソコンを見ると疲れがうまく取れず、画面からでるブルーライトには睡眠パターンを崩してしまう作用があるとしています。

そして今、車やスマホに必ずあるナビ機能に依存してしまうと、人間の方向感覚に関する脳の一部である海馬の活動が減少してしまう可能性があるとも。

ブルーライトについての記事はこちら!

vdt症候群の症状は頭痛やめまい?原因はブルーライト?厚労省の対策とは

そして今は家に1台パソコンがあるのは当たり前の世の中。

家に帰ってもパソコンを触る人は多いはず。

自分では気づいていないところで心にストレスがかかってしまうという状態が勝手に作られているかもしれません。

症状が出てきたときにはもう遅い!

疾患にかかる前に予防をしていきましょう。

テクノストレスチェックしてみよう

vdt症候群6

ここではあなたがどれだけパソコンに依存しているのかをチェックします。

チェックが多いほどパソコンに依存しているという事になるので、テクノ依存症にかかってしまう可能性があります。

テクノストレスチェックシート

  1. 自分の限界がわからなくなる
  2. 時間の感覚がなくなる
  3. 邪魔されるのが我慢できなくなる
  4. 曖昧さを受け入れなくなる
  5. はい/いいえ式の対話しかできなくなる
  6. 人と接することを嫌うようになる

どうでしたか?

当てはまる数が多いほどテクノ依存症の可能性が高まります。

テクノ依存症にかかってしまった人は人を見下す傾向にあるようです。

自分が優れていると錯覚してしまうのでしょうか。

そうなってしまうと見下された人はいい気分ではないですよね。

ますますその人と関わらなくなってしまいます。

ネットでの関りも大事かもしれませんが、やはり直接関わるというのはとても大事だと思います。

自分はリアルの人間関係よりネットでの人間関係の方が大事だと思う方もいるかもしれません。

しかしネット上でいくら仲が良くてもあなたが体調が悪くなり動けないときに助けに来てくれますか?

そう考えると対面しての人付き合いの大切さが分かるのではないでしょうか。

そして僕個人が思う事はネット上だけの付き合いだと寂しいです。

一緒に遊んでいろんな時間を過ごすからこそ仲良くなれると感じてしまいます。

スポンサーリンク

テクノストレス解決法!

テクノストレス6

パソコンを使って仕事してる人はもちろん、仕事上ではあまり使わないがスマホを1日に何回も確認してしまうという方。

そういう人はもうネットに依存してしまっていると言えるでしょう。

ここでは解決策や予防方法をご紹介していきます。

一番いいのはパソコンやスマホから一定の距離を保って接すること。

しかし今日から急にしようと思っても仕事でパソコンを使う人はなおさらできないですよね?

毎日少しづつでもいいのでパソコンを見る時間を制限していきましょう。

1日スマホやパソコンを使っている時間を記録する

テクノストレス7

意外と自分では管理できていないスマホやパソコンの使用時間。

これから関わる時間を減らしたいという方は必ず行ってください。

数値として出してしまうと客観的に考えることができます。

1週間でも1か月でもいいのでまずは自分がどれだけ依存してしまっているかを数値として出してしまいましょう。

そうすれば次の目標も決まってくるはず。

電子メールフィルタをオンにする

テクノストレス8

今のメールは迷惑メールを勝手に振り分けてくれる機能が付いてますよね。

仕事中は緊急のメール以外を見ないようにしてみましょう。

友人や同僚の急を要さないメールに毎回目を通してしまうと、作業効率が下がってしまい1つの事に集中できません。

使わないウィンドウを消す

テクノストレス9

これも大事なこと。

ウィンドウを開けたまま作業すればいつでも確認できるし、とても便利ですが逆に邪魔にもなります。

作業で使わないウィンドウは必ず切るようにして下さい。

メールに関しても数十分に1回見る必要はないですよね?

数時間に1回もしくは1日に何回という回数を決めることも大事です。

スマホやパソコンを使わない日を決める

テクノストレス11

無意識にスマホを見てしまう。

見ないと気になって仕方がないという方はたくさんいます。

もうその時点で依存してしまっている証拠。

その依存から抜け出すためにも1日1度もスマホやパソコンを見ない日を決めてください。

水曜は見ない!ってするのもいいですし、不規則なシフトの方ならば休みの1日は使わないと決めてみるのもいいですね。

 

電子メールの休みを決める

テクノストレス10

受信箱の休暇を取るのも有効な解決法です。

調査では受信トレイを見ずに数日間費やすことで実際にストレスが軽減され、生産性が向上したという調査結果も出ています。

画面を消して外に出る

バーンアウト症候群12

1日中蛍光灯の下で過ごすと健康に良いわけがないですよね。

数回は外に出る習慣を作りましょう。

早朝に朝日を浴びればとても気持ちいいし、ストレスに関する自律神経にもとてもいいはずです。

20:20:20:2の法則を適用する

テクノストレス12

この法則は目の疲れ予防にとても効果的なはず。

20:20:20:2とは20分ごとに20フィート(約6m)離れた物体を20秒間見てから2分間目を閉じるという法則。

スマホのアラームをセットしこの法則を実行してみましょう。

目の疲れはもちろん、心の疲れを緩和する効果もあります。

個人的にもとてもオススメです。

人とのコミュニケーションをもっと気にする

テクノストレス13

スマホを見ながらや、パソコンを見ながら会話する人多いですよね。

僕は大っ嫌いです。

存在が軽視されてるように感じますし、何も思わない人でもいい気分にはならないはず。

人と会話する際は必ず会話の相手の目を適度に見ましょう。

そうすれば今よりもっといい人間関係になること間違いないです!

僕が働いている部署はデスクワークではないのでパソコン依存の人は少ないですが、スマホ依存の人はたくさんいます。

僕は腕時計しないので時計としてスマホの待ち受けは見ますがそれ以外ではあまり見ることがありません。

仕事が忙しい日なんかは仕事が終わって家に帰った時に充電が80%以上残っている日も。

パソコンに関しても1週間以上電源を付けていな日があったり・・・。

ブログ運営者としては失格ですが・・・。

最後に

テクノストレス14

今ではなくてはならないスマホやパソコン。

日常生活に欠かせなくなっていますが、この電子機器によって新しい病気が増えてきているのも事実です。

昔に比べて隣人関係が薄くなったのもパソコンが進歩して買い物もコミュニケーションもパソコンでできるようになったからではないでしょうか。

僕の実家は田舎なのでとても隣人とのかかわりが濃かったところでした。

何をしても隣に筒抜けで珍しいことをすればすぐに噂になる実家がとても嫌いで仕方がなかったのですが、今のような人間関係が薄すぎる生き方もさみしい感じがしてしまいます。

この記事を読んでいる方はスマホやパソコン依存の方、その依存から抜け出したいと考えている方が多いのではないでしょうか。

最後に書いた解決方法はとても有効な方法なので依存から抜け出したいと考えている方は必ず実行してみてください。

完璧に依存から抜け出せなくても今の状態よりはマシになることは間違いないです。

僕も1日中スマホを見ない日を作ってみようと思います。

大丈夫。あなたなら絶対できる。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。