坂本龍馬は江戸時代生まれのどんな人? 将棋と鍋が好きなリーダー?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク
高知と言えば坂本龍馬が有名だと思います。
司馬遼太郎さんが書いた「竜馬がゆく」という漫画によって一気に有名になりましたよね?
実際何をした人かご存知でしょうか?
今回は坂本龍馬について紹介します!

坂本龍馬ってどんな人?

一言で説明すると「江戸幕府を倒すきっかけを作った人」です。

仲の悪かった長州藩と薩摩藩の中を取り持ち、一緒に足並みをそろえさせ江戸幕府を倒す為の大きなきっかけを作った人物と言えるでしょう。
坂本龍馬の働きかけにより薩長同盟という同盟が生まれました。
「竜馬がゆく」ではいかにも坂本龍馬が提案しているように書いてありますが、実際は中岡慎太郎の構想だったようです。

中岡慎太郎とは
天保9年(1838年)~慶応3年(1867年)。
幕末の代表的志士の一人であり、陸援隊隊長。龍馬とともに死んだ盟友

しかしどの藩にも属していない龍馬がいたからこそできた同盟とも言えますね!
とにかく新しい物好きでみんなが刀を持ち歩いている中で、銃を持っているあたりも新しい物好きな性格がわかります。

しかし歴史の教科書には載っていません。
理由の一つに坂本龍馬の評価が一定していないからではないかという理由があります。
高知県出身としてはぜひとも教科書に載せてもらいたい気持ちはあります。

スポンサーリンク

坂本龍馬の好きなものは将棋と鍋?

将棋

坂本龍馬は本名を「直柔」(なおなり)といい、龍馬は通称名です。
その龍馬の名前はどこから来たかという説がいくつかあり、その中のひとつに将棋が好きだった為というものがあります。
龍馬は広い教養と豊かな感覚を持っていたと思われる人物で、その感性も将棋から培われたのかもしれないですね。
将棋

龍馬は鍋の中でも軍鶏鍋をこよなく愛していました。
龍馬が暗殺された近江屋事件(京都)も軍鶏肉を買ってくるよう命じた後起っています。
最後に軍鶏鍋を食べれなかった龍馬は無念でしかたなかったでしょう。
軍鶏鍋

軍鶏鍋
これといった定義はなく軍鶏の肉が入っていればok!
ちなみに親子丼はこの軍鶏鍋が発端となって軍鶏料理屋「玉ひで」でできています。

ついでに軍鶏についても調べてみました。

軍鶏(シャモ)
闘鶏用・観賞用・食肉用の鶏の一品種。
本来は江戸時期のタイからの輸入品とされているが、伝来以日本で繁殖をしています。
とても闘争心が強い鶏です。
軍鶏

すごくおいしそうです。
僕も鍋好きなんで食べてみたいです!
高知ではこの軍鶏鍋を竜馬鍋として出している店もあるようです。

坂本龍馬はどんなリーダー?

坂本龍馬は不思議な人でした。
小さいころから成績が優秀だったわけではなく、本もあまり読まなかったとか。
しかし龍馬は人の話をよく聞き、良い意見は進んで取り入れていました。
龍馬を前にすると相手は熱く語りたくなるほど聞き上手だったようです。
その素直な性格が龍馬を器の大きい人間にしていったんでしょう!
そして貪欲な面もあり、第一級な人材と聞けばすぐにその地に足を向けて面談に行っています。
勝海舟を師匠として慕っており、その為に脱藩もするほどです。
坂本龍馬 2
様々な人からすばらしい意見を聞き、自分流に取り入れ応用していき
そしてとても魅力的な人間で多くの方から慕われていました。

高知を誇る偉大な人物坂本龍馬!
興味があれば高知の桂浜に銅像もあるので見に来てください。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。