キングダム騰の声がかっこいい?ファル好き必見!史実では実在?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク
最近ピクミンはまってます。
おーーたです。
仕事終わりにどうしてもピクミンしたくなって中古ゲーム屋さん3軒はしごしました。

今日はみんな大好き騰について書いていこうと思います。
ファルファルの騰ですよね!
アニメでもしっかりファルファルしてました。
そしてその声もかっこいいという。
騰もまた史実で名前が出てくる実在した人物であり、史実での騰もご紹介します。

キングダム騰の声

キングダム騰
騰の声って渋くて落ち着いててすごくいい声ですよね。
騰の声を担当されている声優さんは「加藤亮夫」という方です。
キングダム騰5

加藤亮夫の出演作品

ドラえもんのナレーターもされています。
キングダム騰2
アニメというより海外ドラマや映画の吹き替えの声優の方が多いようで

「アントマン」(パクストン役)
キングダム騰1

「X-MEN2」(ダニエル・クドモア役)
キングダム騰4

「ライ・トゥ・ミー嘘は真実を語る」(ヒュー・エリス役)
キングダム騰3
など数多くの吹き替えをされています。

実際どんな声をされているかというと

この動画の2分50秒くらいのところで加藤亮夫さんの声が聞こえます。

ん~渋くていい感じです。
僕がマンガ読みながら考えてた声よりも少し低くておとなしい感じですが、話してる感じとか声の雰囲気は想像通りです。

アニメでファルファルって言ってるとき声優の加藤さんは何を考えて声を入れてるんでしょうね。
すごく気になります。
普段生活しててファルファルなんて言葉使う機会めったにないですよ!
きっと加藤さんも剣を振り回しながら相手を倒すイメージをしながら謄の声優をしているに違いない。

そう考えたらそもそもなぜ攻撃してるときに「ファルファル・・・」って発するようにしたんでしょうね。
次のタイトルで考えたいと思います。
スポンサーリンク

キングダム騰のファルファルって?

騰は攻撃するさい「ファルファル」という言葉を発しますよね。
なぜファルファルなのでしょうか?
少し考えてみました。

まずどの攻撃でもファルファルと言ってるわけではないようで
謄1
主にこの攻撃の際に使っています。

攻撃も独特的で片手剣を円を描くように回しながら攻撃しています。
そして周りの敵をバッタバッタとなぎ倒していくという必殺技のような攻撃。

僕高校のときに少しですが空手してたんですよ。
よくコーチから拳を出すときは必ず息を吐けって言われていてそれと同じ原理だと思います。
攻撃するとき息を止めると力が入りすぎて逆にうまくできないことが多いんです。
それは剣を振り回すだけの事ではなく、パンチでもキックでもそうなんですが。
その際「ハッ!」って息を出すことを意識するのですがそれと同じ原理だと思います。
キングダム騰11

ただ謄の攻撃はパンチのように瞬発的ではなく長く続いている攻撃なので、ファルという単語を立て続けに発して力をうまく逃がしているのではないでしょうか。
実際ファルじゃなくても何でもよかったのでは?
もしかしたら「フィルフィル・・・」や「ピルピルピル・・・」になってたかも。

キングダム騰史実ではどんな人物?

キングダム騰7
一見何を考えているか分からないように見える謄ですが彼の中にはとてつもなく熱い人物です。
ずっと王騎将軍の元で副将として側にいましたよね。
こんな強い人物がずっと副将としていたんですよ?
普通なら王騎の手を放れて自分自身の軍を持ちたいと思うのが人間です。
それを考えると王騎将軍の事をすごく尊敬していたことが分かります。

キングダム騰6
実際王騎将軍の最期は言葉には出さないものの組んだ拳に力が入りすぎて血がにじむ場面も。

キングダム騰9
そして謄自身が目指す未来は「天下の大将軍」であるという事。

キングダム騰10
自分自身だけでなく若く将来活躍するであろう人物もよく観察しています。
合従軍の戦いではカリンの猛攻に耐える要因として選んだ王賁と蒙恬は見事に的中していました。

今まで表に出てこなかった謄ですがその実力は王騎亡き今すでに秦国一の強さを持ち合わせています。
実力もあり人を見る目も持ち合わせている将軍。
王騎将軍のもとで過ごした経験は謄自身を強い人物にさせました。
そして何より王騎将軍の熱い気持ちをしっかりと受け継いだ将軍なのではないでしょうか。
その経験はかなり濃いものだったに違いありません。

いまだ本気で戦う姿を見たことがない謄ですがこれからどんな活躍をしてくれるのかとても楽しみです。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。