キングダム王賁は実在した!史実での最後は?必殺技には腹筋が大事?

この記事は3分で読めます

  • スポンサーリンク

キングダムの記事で申し訳ないんですが最近「進撃の巨人」ってマンガまたハマりました。

2日かけて22巻一気に読んだんですが今からまた面白くなってきそう。

主人公の信と蒙恬(もうてん)と年も近く同じタイミングで千人将になった王賁(おうほん)。

今回はこの王賁について書いていこうと思います。

結構主要人物になるんですが、当然史実でも実在しており史実での王賁も紹介していきます。

キングダム王賁は実在?

キングダム王賁1

キングダムでの王賁は王翦 (おうせん)将軍を父に持ち、エリート集団で結成される「玉鳳隊(ぎょくほうたい)」を率いる武将。

王翦将軍の記事はこちら!
キングダム王翦が裏切り?史実では羌瘣と共闘!息子の王賁も強い?

幼い頃より槍術に励み秦国の若手のなかでは1.2を争う実力者でもあります。

いかにもエリート顔な王賁ですがその陰には並々ならぬ努力が隠されています。

戦で重傷を負った際にも槍の稽古は欠かさないという徹底ぶり。

常に上を目指し自分自身にも相手にも厳しい一面も。

信や蒙恬と違い人との馴れ合いがあまり好きではないようです。

信とはいつもいがみ合ってますよね。蒙恬とは昔からの付き合いのようで同じ武将として情報を共有したりしています。

史実での王賁は?

キングダム王賁10

王翦将軍が父親でエリート育ちというのは本当のことだったようです。

秦が中華を統一するためになくてはならない存在だったことは間違いありません。

王賁の名前が確認できるのは戦国時代末期から。

秦が中華統一に王手をかける一歩手前の時期です。

紀元前226年から前221年にかけて王賁は見事「魏・燕・趙・斉」を攻め全て滅ぼすことに成功!

王賁だけの功績ではないですが、王賁がいたからこそ成功した作戦も数多くあったのではないでしょうか。

斉国に攻めるに至っては信・蒙恬と共に攻め入ったという記述も。

史実でもこの3人は良きライバルだったのでしょう。

王賁は霊王の裔孫(えいそん)?

キングダム王賁12

王賁の名前には王という感じが使われていますよね?

その理由は周朝の代23代王の末裔だからです。

周とは

紀元前1046年~紀元前256年の中国古代の王朝。

約700年もの間中華を収めており歴代の王はなんと37代にも及びます。

周が滅んだきっかけは周の中にあった個々の国々がだんだん力を持ち始め周という単位ではまとまり切れなくなった印象です。

スポンサーリンク

キングダム王賁の最期

キングダム王賁11

紀元前221年見事中華統一を果たした秦国なんですが、中華統一後王賁は消息を絶ちます。

その後どの史実にも姿を現していません。

もしかしたら李信のように旅に出たのかもしれませんね。

蒙恬のような壮絶な最期でなければいいのですが・・・。

信・蒙恬の記事はこちら!
キングダム蒙恬の最期とは?女っぽいけど妻は?声優も紹介
キングダム信は実在した?嫁は貂か羌瘣? 声優も紹介

玉鳳隊のメンバー紹介!

キングダム王賁7

王賁(おうほん)
玉鳳隊の武将。槍の達人。

番陽(ばんよう)

キングダム王賁8
玉鳳隊の副官を務める老兵。
王賁を幼少期の頃から知っており成長を見届けている。
楽華隊の「じい」的存在。

関常(かんじょう)

キングダム王賁9
王翦軍がら派遣された千人将。
王翦の影響か確実に成功できる策を好み無理に突撃しようとする王賁を止める場面も。
実力は本物で窮地に陥った王賁を救う場面も少なくない。

黒金(こくきん)
血の気盛んな騎兵。
軽口を叩き王賁に止められる場面も多い。

宮康(きゅうこう)・松琢(しょうたく)
関常が勤める千人隊のメンバー。
関常のよき理解者で関常が王賁の策に乗った時は「らしくない戦い」などと話す場面も。

張迅(ちょうじん)・張告(ちょうこく)
玉鳳隊の隊員。
紫伯(しはく)の軍に痛手を受けた玉鳳隊が退却するための先陣をきった。

キングダム王賁の必殺技

キングダム王賁6

王賁と言えば槍ですよね。

小さいころから矛の練習をしており、5千人将という肩書にそぐわない槍術使いです。

下手したらそこら辺の将軍よりも実力はあるかもしれません。

必殺技になるものがあるとすれば上の画像のような周りの敵を一気になぎ倒す槍の使い方ではないでしょうか。

よく見ると振り回すだけではなく1人1人にしっかりツキを入れていることが分かります。

重い槍をもってこんな動きをするのは常人ではまず無理でしょう。

そんな槍術も小さい時からの努力の賜物ですね。

 

最期に

キングダム王賁4

今回は王賁について書かせてもらいました。

堅物であまり周りとのかかわりを持たない人物ですが僕個人としてはこういうキャラ嫌いじゃないです。

信や蒙恬にはない個性があり、3人のライバルという関係にはなくてはならない人物でしょう。

信と蒙恬だけだったらずっと遊んでそうですもんね。

信には信しかできないことがあり、蒙恬も同様。

そして王賁しかできない作戦や戦い方があります。

それぞれの個性をいかした話を今後も期待して読んでいきたいですね。

これだからキングダムは面白い!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。