転職サイトはどこがいい?おすすめはdoda!中途採用の注意点とは?

この記事は11分で読めます

スポンサーリンク

こんにちは。

とても私事ですが転職が決まりそうです。

え?決まりそうです?どういう事?って思う方もいる・・・・いないか。

興味ないですよね。

一応書いておくとまだ口頭でしか内定をもらっていないという事です。

転職活動を年末ぎりぎりまで行っていたので、正式な通知は年明けでって形で先に口頭で内定を頂きました。

ホント12月は面接に準備にとても忙しく、僕の仕事自体も12月は忙しい時期なので目が回る忙しさでしたね。

でもどうにか内定にこぎつけることができとてもほっとしています。

なので今日は私事ではありますが、中途採用の転職活動について書いていきたいと思います。

僕の経験に沿って書いていくので、他のサイトとは違っている部分もあります。

その部分はご容赦ください。

ただ嘘は一切書きませんのでご安心を。

転職サイトはどこがいいの?

転職を考えているあなた。

転職したいと思っているけどどうやって仕事を探そうとしていますか?

僕の先輩もそうなんですが、転職をようとする方はとりあえずハローワークに行きますよね。

簡単に求人が見えるし、登録もすぐでき相談にも乗ってくれるので。

先輩はハロワークですぐ転職先を決めていました。

その方は子供3人いるので、今の会社の給料では今後生活していけないと見切りをつけ転職されました。

転職サイトってたくさんあります。

一体どこがいいのか?周りに活用している人がいないとなかなかわからないと思います。

そんな方の為に僕の経験を元に記事を書いていきますので安心してください。

しかしあなたには転職サイトを決めるよりもまずやることがあるはず。

まずは転職する理由をはっきりさせましょう

転職する理由はいろいろあると思います。

「給料が安い」「仕事が嫌になった」「人間関係でうまくいかない」などなど・・・。

あなたはどんな理由がありますか?

僕の場合なんですが、僕の仕事は輸入業務になります。

具体的には関西空港なんですが、やはり24時間動いている為仕事時間がかなり不定期・・・。

僕の会社でも体調を崩している方もいました。

特に年配の方は不定期なうえ忙しい時期には残業が強制されることもあるので、倒れてしまい1週間以上休んでしまうなんてことも。

今僕は体調を崩していないのですが、定年まで働くことを考えるとやはり体調面にかなり不安があるので今回転職を決意しました。

転職理由ってあまり聞かれたくないことですよね?

でも転職先の面接では必ず聞かれます。

転職理由をはっきりしないと次の仕事も長続きしない可能性もゼロではありません。

またしんどい転職活動を始めなければならくなってしまいます。

そして若い方に多いのですがただ単に仕事が嫌になってしまうパターン。

僕の会社でも現在退職ブームが来ています。

もうね11月、12月で10人以上辞めてしまって残った人からすればいい迷惑ですよね。

圧倒的に多いのは20代の方ばかり。

仕事しんどいな~って時に一緒に働いている仲のいい子が辞めるという話が出てくれば、自分自身も辞めようってなってしまうのでしょう。

30代以上の方や、結婚されている方はそういう理由で辞めることは少ないとは思いますが、もしそんな理由で転職考えているなら少し待ってください。

今後の事をよく考えましょう。

仕事を辞めるなとは言いません。

でも今じゃなくてもいいんじゃないですか?

辞めるのはいつでもできます、でも続けるのは簡単にはできないことなんです。

あと一年我慢してみてそれでも仕事が好きになれない、もしくはもっとやりたい事が出来たときに転職活動をするのも選択肢としてはありなんじゃないでしょうか?

僕自身もこの5年間で何度も転職を考えました。

でも辞めずに踏みとどまったのは自分に負けたくないと思ったからです。

まだ会社に勤めて3年も経っていないって方、その職務履歴は一生残りますよ。

なんでこんな説教じみたことを書くかというと、僕自身が今回の転職活動で苦労したからです。

高校卒業後、犬の訓練士になりたくて訓練所に見習いとして入ったんです。

でも1年で勝手に見切りをつけ辞めてしまい、そこからはやりたいことも見つからずに3,4年ほどフリーターとしてアルバイトを転々とします。

そして今の会社に就職し6年目。

この職務履歴を面接の際に突っ込まれてしまい、うまく返事が出来ないこともありました。

できる訳ないですよね。

辞めた理由がマイナス理由なんですから・・・。

皆さんにはこんなつらい思いをしてほしくないんです。

まず今の会社に面接に来た時、そんなすぐに辞める気持ちでいたんですか?

そんなことないですよね。

転職する必要性をまず考えてみましょう。

20代の内なんかいつでも新しい仕事見つかるのでそんな焦らなくても大丈夫。

まずは自分を強くする期間と割り切って今のつらい時期を乗り切るのもひとつの手ではないでしょうか。

長々と書いてしまいましたが、次の項目でおすすめの転職サイトを紹介したいと思います。

転職サイトのおすすめは?

絶対にこの転職サイト!

というものはありませんが、やはり大手の転職サイトが求人数も多く強い傾向にあります。

「転職サイト」「おすすめ」で検索するといくらでも出てくるので僕の記事ではそんなに書きませんが、大手だけ書いておきます。

大手の転職サイト()内は公開求人数

  • リクルートエージェント(約10800件)
  • doda(約57500件)
  • パソナキャリア(約38200件)
  • リクナビNEXT(約10400件)
  • マイナビ転職(約7600件)

などなど。

詳しくは他の方のサイトを参考にしてください。

毎年求人数の変動はあると思いますが大手はさすがに求人数が多いですね。

ここに書いている求人はあくまで「公開求人」と言われるもの。

転職サイトを最大限活用しようと思うならアドバイザーと対面で話をするのが手っ取り早いです。

そして対面で話を聞をすれば、アドバイザーの方から「非公開求人」というものが紹介してもらえます。

ここできちんと活用できるかどうかで転職活動の進み具合がだいぶ変わってくるんじゃないかと考えます。

やっぱりアドバイザーの方も求職者の方と話してみないと、どんな人柄でどんな仕事が向いているかが分からないですよね。

メールや電話だけでは分からないことも、目を見て話すことにより分かることもありますから。

転職サイトの方も企業との信頼関係もあるわけです。

求人数が多いという事は、それだけ企業からも信頼を得ている転職サイトだと捉えることもできますよね。

企業側もせっかく雇ったのにすぐやめる人材は欲しくないんですよ。

でもすぐやめる人は必ずいます。

転職サイトのアドバイザーの方はそんな選定も兼ねているのかもしれませんね。

僕は会社の社長じゃないので新人がすぐに辞めて会社にどれだけの損害が出るかっていうのはわかりませんが、今の会社は人の入れ替わりがすごく激しく僕よりも後に入ってきて辞めた人は20人以上います。

たった5年で20人以上いる訳です、中には僕が教育してやっと一通りできるようになったって子もいました。

そんな後輩が辞めるという話を聞くと、また他の子を初めから教えないといけないのかと思ってしまいます。

もちろん辞める人の人生なので辞めることを止めたりはしません。

でもすぐ辞めるなら誰でもできる仕事に就職すればいいのにって思ったりもしてしまいます。

そのくらい仕事を辞めるという事は会社にも、同じ職場で働いている人にも負担がかかるという事です。

僕のようにもうすぐ30歳になる人を雇うなんてさらにリスクが高いですよね。

面接官の目も変わってきます。

それを覚悟の上で皆さんには転職活動をしてもらいたいです。

なんか偉そうに書いてしまってスイマセン。

でもこれはホントのことなんです。

個人的におすすめなのはdodaさん

僕が今回転職活動をするにあたってまず始めたのは、片っ端から転職サイトに登録するというもの。

もちろんハローワークにも行きました。

そして転職サイトを効果的に活用する方法もネットで調べまくりました。

ここからは僕の体験をもとに書くのでこれに当てはまらない方もいるかもしれません。

その部分はあなたが実際に活用して経験してください。

色々と登録しましたが、実際に活用したのは2社のみ。

まずは自分に合った転職サイトを探すことから始めるのが一番良いみたい。

僕の場合は2社でしたがだいたい3つ活用している人が多いようです。

まずは活用する転職サイトのアドバイザーの方と面談しましょう。

そして転職活動においてどうしたいのかという要望を伝えます。

その要望を一番叶えてくれそうな転職サイトをメインで使用することをおすすめします。

なぜ3社も使用するのでしょうか?

僕なりに調べて思った理由は

  1. アドバイザーの方と合わない可能性
  2. 希望職種に対しての求人をあまり持っていない可能性
  3. 希望職種に対してのアドバイザーの知識量が少ない可能性
  4. 別の転職サイトを活用することにより、求人数が増える可能性

この4つがあるんじゃないかと思います。

➀に関してはそのままの意味ですよね。

アドバイザーの方も人間なので、この人合わないなってなれば他の転職サイトを使えばいいわけです。

合わない方とずっと転職活動を続ける必要はありません。

転職活動って体力がいる上にアドバイザーの方にも気を使う必要は全くないと思います。

もちろん常識の範囲内ですが。

➁と➂はほぼ同じ意味合いですが、例えばアパレル関係なんかはメジャーですよね。でもマイナーな仕事、例えばヘリコプターのパイロットなどの仕事に関しての求人をそもそもあまり持っていない。

もしくはアドバイザーの方の知識不足だった場合、もうそれはアドバイザーの方ではないですよね。

一般的にアドバイザーの方は転職活動においてどう立ち回ればいいか?この職種に対して他の求職者の動向などを教えてくれます。

それができなければわざわざその転職サイトを活用する必要はないという事です。

その見極めは自分で行わなければいけませんが、マイナーな仕事であればその職種に特化した転職サイトがある場合もあります。

その活用も大事になってきます。

アドバイザーの方が知識を持っているかどうかというのは話してみればわかると思います。

その判断を慎重に行っていきましょう。

そして➃は転職サイトが違えばもちろん持っている求人も変わっています。

Aのサイトでは求人を出しているのにBのサイトには同じ求人が無かったら、とてももったいないですよね。

そんな事態を防ぐためにも複数の転職サイトを活用することをおすすめします。

僕の場合、リクルートエージェントさんとdodaさんを活用しました。

やはり転職サイトにより流れが違ってきますし、転職サイトの重要視する部分も違っていました。

今回内定を頂いたのはdodaさんで応募した求人です。

転職サイト2社を利用して感じたこと

僕の場合、転職サイトに登録した日にちは少し違いますが、初めてアドバイザーの方と面談したのは同じ日にちです。

2社の感想を簡単に書いていくと、まずリクルートエージェントさんは3人体制というとても手の込んだサポート体制でした。

3人の役割ではまず対面する担当の方、そして求人を紹介する方、そして職務履歴やキャリアシートの作成を担当する方の3人体制でした。

基本的にメールでやり取りするのですが、やり取りする相手と面談の相手は全く別の方です。

面談ではどんな職種に転職したいのか?年収や休日数などを細かく聞いていただきました。

そして仕事において大事にしていることは何か?どれまでにキャリアシートなどを完成させるかを聞かれます。

とても優しい方で仕事において大事にしていることを伝えると、とてもいい考えを持っていると褒めてもらいました。

この時アドバイスをもらったことは「大体応募して面接まで行く確率は20%ほどなので、すこしでも興味がある仕事があればまずは応募したほうがいい」というものでした。

面接に関してもある程度回数をこなさないと慣れてこないので、興味が出てくれば面接もたくさんしましょうということでした。

印象としては年収部分をとても重要視してもらえる転職サイトさんだなと感じました。

僕の希望年収が今と同じくらいという理由もあったのかもしれませんが・・・。

そして希望職種を狭めず広く見ていった方がいい。

実際あまり興味が無い企業の面接に行って企業説明され興味を持ったかたはとても多いと聞きました。

確かにそうだなって思いましたし、あまり狭くしすぎるとチャンスを逃してしまう可能性が広がってしまうことを言ってくれているんだなと感じました。

そしてdodaさんも同じ日に面談に行き話を聞いてもらいました。

とても仕事が出来そうな方で今回僕自身その職種に関して未経験で無資格の状態なのですが、その職種につく為にどんなステップを取ればいいのかを親身になって聞いて頂きました。

印象としては今後の進め方、そして未経験の職種に対してどんなアプローチをかけると効果的かというアドバイスを頂きました。

僕の希望としては未経験の職種に2019年の8月までに内定をもらうというものでしたが、2社の面談をし転職サポートのプロの意見を聞くことができたので12月中に内定を頂くことが出来たと思っています。

リクルートさんには早め早めの転職活動、そして提出するキャリアシートや職務履歴書の書き方を。

そしてdodaさんにはかなり難しいキャリアチェンジでしたが諦めずに、一緒にどうアプローチしていけばいいのかを考えて頂いたお陰だと思い本当に感謝しています。

もしどちらかに登録していなければ今の時期に内定をもらう事が出来なかったと思います。

その2社の中でも僕がおすすめするdodaさんは、希望職種に関して諦めずに話を聞いて頂きそして知識も豊富だったので転職活動の情報も的確で僕自身未経験という事もありあまり具体的なイメージが持てていなかったのですが、説明を聞きどうすればいいのかというイメージを掴むことが出来ました。

もしあなたが転職活動をするならば絶対にdodaさんを活用した方がいい!とは言いません。

それは人それぞれであり僕のアドバイザーの方のように親身になって聞いてくれる方ばかりではないかもしれないからです。

でも複数登録することにより自分に合ったアドバイザーの方が見つかる可能性は広がりますよね。

あなたにも転職で後悔しないように納得のいく方法を見つけてください!

スポンサーリンク

転職サイトを活用し中途採用を勝ち取ろう!

今回僕が転職活動をするにあたって転職サイトを活用しました。

就職において学生の方ならば新卒採用という流れになり、僕のように他の会社で働いて転職活動をされる方は中途採用という流れになってきます。

新卒採用に関しては僕自身経験が無いので、今回は中途採用に関して書いていきたいと思います。

まず転職する流れは大きく分けて2つあります。

  1. 同じ業種に転職
  2. 未経験の全く新しい職種に転職

この2つがあり、僕の場合は全く新しい職種に転職というものでした。

①ならある程度歳をとっても即戦力として採用してもら得る可能性はありますが、未経験の職種に転職しようとした場合、職種次第ではかなり難しい転職活動になってきます。

僕の場合も難しいだろうという話は何度もしていて、もしその職種に就けなくても範囲を広げて就職し最終的に希望の職種につけるような流れにしてみてはどうか?という話を細かく説明してもらいました。

dodaさん曰く20代後半や30代を企業が雇うという事は即戦力として働ける人材を欲しがっており、やはり資格所持者や未経験でも若い人材が優先されていきます。

でも転職できる可能性はゼロではないとのお話をしてもらえたので、少し希望を持つことができました。

だから未経験の職種に転職を考えているあなたも諦めず頑張ってください。

まず求人に応募する前に準備するものは、

  1. キャリアシート
  2. 職務履歴書
  3. 履歴書
  4. スーツやカバン

大きく分けてこの4つでしょうか。

キャリアシートとは転職サイトに提出するもので今までの職歴や現在の職種や年収を記入し提出します。

アドバイザーの方はこのキャリアシートを応募する求人に提出しているようです。

このキャリアシートはWeb履歴書とも呼ばれネット上での履歴書代わりの物と考えると分かりやすいかも。

そして職務履歴書とは文字通り今までの職務を書いていく用紙。

履歴書の職務履歴の部分とほとんど同じですが、この職務履歴書では今までの職務で何を学んできたかという部分を書くことができ企業にも提出するものなので自己PRにもなりますよね。

かなり重要な部分ではないかと思います。

職務履歴書例文

例を書くと・・・

職務要約

高校卒業後、○○会社に就職し営業部門に配属。

○○会社では営業として電話や訪問、ヒアリングの業務を行っていました。

職務履歴

○○会社(xxxx年x月~現在)

業務内容:営業担当

資本金:○○万円

従業員数:○○人

 

xxxx年x月~

営業担当として入社。

仕事内容:オフィス機器を販売するため電話や訪問、ヒアリングを行う。

顧客様には新しい機器の説明や販売、新規顧客を開拓する場合は直接出向いての説明を行う。

資格

・普通自動車免許

パソコンスキル

word/excel

■自己PR

○分かりやすく興味を持ってもらえる説明

現在働いている○○会社ではオフィス機器を販売しています。

私は営業担当として新規顧客の開拓や、すでに利用していただいている企業様へ新しい商品の説明を行っていました。

その仕事の中で無知な方にでも分かりやすい説明方法や、わが社の製品を使いたいと思っていただけるようなアピール方法を身に着けることができました。

ダラダラと話しても興味を持ってもらうことはできません。

口頭で説明するだけではなく写真や絵を使い、具体的な使用方法そして製品の強みを的確に伝えることにより興味を持ってもらうことが出来たお客様もいます。

そしてお客様が今どういった商品を望まれているか?困っていることはどういったことなのかを話して一緒にどういう商品がいいのかを考えていくことでお客様との信頼関係を築くこともできました。

今までの経験は次の仕事でも必ず役に立つと考えています。

簡単に書くとこんな感じでしょうか?

僕が営業経験無いので本職で営業されている方が見たら何言ってんだ?って文になっているかもしれませんが、職務履歴書の書き方はこんな感じです。

僕の場合は未経験という事もあり、なぜこの職種を選んだかという志望動機も加えて書きました。

もし文章を書くことに対して自信が無いって方でもdodaさんでは添削もして貰えたので積極的に活用することをおすすめします。

もちろん自分で聞かないといけませんよ。

無料でしてもらうわけなので当たり前ですが。

後は履歴書とスーツやスーツ用のカバンなどの一般的に転職活動に必要になってくるものですね。

準備ができたら興味のある求人に応募するだけです。

未経験なら尚更ですが書類選考でかなり落ちましたし、リクルートさんの面接まで行くのは約2割程度ってホントなんだなと感じました。

僕は5社面接にこぎつけることに成功し、第一希望の企業から今回内定を頂いたので転職活動が終わりました。

僕のように1か月ほどですぐ転職先が決まる人と、1年以上転職活動を続けている人も中にはいるようです。

もし1か月で転職先が決まらなければ期間を開けてもう一度やり直したほうがいいというアドバイスも聞くことができました。

そして新規の求人に関しては求人を出して3日くらいが企業からしても一番採用熱が高いとの事で、新しい求人を見て興味があればすぐに応募したほうが決まる確率はあがります。

もっとたくさんアドバイスをもらいましたが、書ききれないので後はあなたが実際に活用してアドバイザーの方と話をしながら聞いてください。

こんな話もハローワークではなかなかしてもらえないですからね。

担当の方がいるって本当にありがたいことなんだなって感じました。

ずっとフリーターをしていて今の会社もハローワークで一番最初に面接に行った会社で決まったので、本格的な求職活動って29歳にして今回が初めての体験。

求職活動においての経験値が無いのでどうすればいいのかほとんど分かっていなかった部分もたくさんあったので、メールではアドバイザーの方に聞きまくってました。

もしかしたらアドバイザーの方もうんざりしていたかもしれませんが、丁寧に教えていただき今回内定をもらうことができました。

転職において僕が言えるアドバイスは調べても分からないことがあれば、遠慮せずにどんどん聞いたほうがいいということです。

知らないままにして内定に影響してしまうと後悔しても遅いってことにもなりかねませんから・・・・。

そうならない為にも事前準備をしっかりするという事が大事になってくるのではないでしょうか?

転職活動をする上での注意点とは?

さっき転職サイトは3社登録して活用したほうがいいと伝えましたが、複数同時に活用していく上での注意点を書きたいと思います。

これ一番大事なことですが、複数転職サイトを使用していることを隠さないこと。

これを隠してしまうと信頼関係にも関わってきますよね。

ほんの数か月ですがやはり人間同士なので信頼関係というのができてくるのではないでしょうか。

そして隠したいがために嘘を言ってしまうとその嘘をつき続けなければならなくなり、話がかみ合わないという事態も生まれてきます。

はじめの方で他の転職サイトさんも利用している旨を伝えるという事は結構重要なことかもしれませんね。

僕もちゃんと伝えました。

ダメだという転職サイトさんは無いかもしれませんが、もし正直に伝えてアドバイザーの方の態度が変わったなんてことがあればその転職サイトを使うのをやめればいいだけの話です。

そして複数使うという事はもしかすると求人も被ってしまうかもしれないという事です。

複数応募だけは絶対にしないでください。

応募した企業にも迷惑が掛かってしまいますし、企業からの評価も下がる可能性があります。

どの企業に応募したかという事をしっかり頭で整理して応募するようにしましょう。

後は面接日の調整

これも苦労しました。

面接可能日時を企業に提出するのですが、複数の企業から聞かれた場合同じ日の同じ時間帯にすると面接が被る場合もあります。

そんな時はアドバイザーの方に連絡し理由を説明すると企業と連絡をとりあってくれあちらで調節してくれます。

この部分も本当に助かりました。

面接日が決まれば後はあなたのやる気次第です。

働きたい企業にあなたの熱意や覚悟を存分にアピールしてきてください!

さいごに

すごく長い記事になってしまいましたが、もし最後まで読んでくれた方がいれば嬉しいです。

中途採用で未経験職種に転職するって本当に大変だとは思います。

未経験職種じゃなくても倍率が高い企業に就職したい方も、内定が決まるまでは安心できないですよね。

そんな方の役に立つことが出来ればと思い今回記事を書きました。

経験して思ったことは本当に体力がいるって事。

1週間で4社の面接に行ったりしていたので、その週はほとんどゆっくり寝ることができませんでした。

仕事しながらの転職活動なんで仕方ないですがほんとに時間が足りない。

内定が決まった今は気が抜けたのかすぐに風邪をひきました。

皆さんは体調に気を付けて転職活動をしてくださいね。

そしてアドバイザーの方にはとても感謝しています。

今回内定をもらうことが出来たのは一緒に転職先を親身になって聞いていただき、分からないことも丁寧に教えてもらえたお陰だと思っています。

僕のサイトを見ている方にはいないとは思いますが、サポートをしてくれるのが当たり前という態度はしないでください。

分からないことがあれば聞く、そして丁寧に教えてもらうことが出来ればお礼を伝える。

当たり前のことですよね。

そうすることによってアドバイザーの方もより親身になってくれますし、お礼を言われて気を悪くする人はいないと思います。

そして転職サイトの活用の方法は人それぞれです。

僕は2社同時に活用しましたが、複数同時に連絡できるほど器用じゃないって方がいれば1社だけに絞って利用するのも一つの手段だと思います。

僕も登録はしていましたが後半はdodaさんメインで活用させていただいていました。

リクルートさんも親身になって話を聞いてくれ、求人も紹介してくれたのですがやはり面談に行った人とメールでやり取りをしている方が違うというのもあり親近感が持てないというか、ネットだけのやりとりって雰囲気が抜けず直接2回会ったことのあるdodaさんを活用させてもらいました。

どんな方法がいいかというのは人それぞれです。

あなたに合ったやり方で無理なく転職活動をしていきましょう!

頑張ってください!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。